伊野尾慧と初共演した山本美月

 映画『ピーチガール』の“もも”の節句・ひなまつりイベントが28日、東京都内で行われ、出演者の山本美月、伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)、神徳幸治監督が登壇した。

 本作は、見た目は派手だが中身は超ピュアな女子高生もも(山本)と、学校一のモテ王子カイリ(伊野尾)のラブストーリー。この日は、女の子の幸せを祈るひなまつりにちなみ、恋愛のパワースポットとして有名な東京大神宮で映画のヒット祈願を実施した。

 初共演となった2人だが、共に明治大学の出身者。撮影での“初顔合わせ”を振り返った山本は「大学でお互いに存在は知っていたのですが、仕事で会った時のキラキラ感はやっぱりさすがだなと思いました。もう輝いていて…」と絶賛した。

 伊野尾の演技についても「すごく真面目でピュアなんです。ももちゃんのことをちゃんとカイリとして愛しているんだな…と思って。本当に子犬のようでした」と笑顔で振り返った。

 映画初出演となった伊野尾も、山本には「撮影時にいろんな面で支えていただいたし、助けられました」と感謝した。

 大学で見掛ける山本の姿は、いつも「キラキラしていた」というが、「映画に打ち込む姿も本当に真面目で、何より負けず嫌い。女性だけどかっこいいなと感じました」と新たに知った山本の一面を明かした。

 そんな伊野尾は今回、劇中で女装姿を披露した。山本から「脚とか完璧でしたよ」と褒められた伊野尾は「僕も25年間(撮影当時)生きてきて、一度もお別れしたことのなかったスネ毛たちと全部そってお別れしたんですが、その時の脚は自分で見てもきれいだなと思うものでした」と満足そうにコメントした。

 山本が「美白モードで撮影しました。ポーズ指定もさせてもらって」と撮影の合間のエピソードを明かすと、伊野尾も「ぜひ(劇場で)楽しみにしていただければ」とちゃめっ気たっぷりにアピールした。

 また、現在25歳の山本と26歳の伊野尾に「もし、今高校生に戻れたらどんなデートをしてみたい?」という質問が。山本が「制服デートができれば。そんなこと一度もなかったので憧れます。手をつないで街を一緒に歩けるだけで幸せです」と乙女心をのぞかせると、伊野尾も「制服姿で2人で写真撮ったり、学生にしか行けないような所に手をつないで出かけてみたいです」と語った。

 映画は5月20日から全国ロードショー。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます