交際期間が長くなると、やっぱり気になるカレとの婚期。友人たちから幸せな報告を受けるたびに「次こそ私の番!」と、こっそりプロポーズを期待してしまうものですよね。でも、実際にはまったく結婚の気配なし……。一体どうしたらいいの?

そこで今回は、20~30代独身男性へのアンケートを参考に、「結婚デキる女と結婚デキない女の違い」を徹底リサーチしてみました! 早速チェックして、カレに「そろそろ結婚しようかな」と実感させちゃいましょう。

「俺がいないとダメだな」と思わせる“隙”があるか

「何でも一人でこなすデキる女より、思わず手を差し伸べたくなっちゃう隙のある女性の方が、守ってあげたい気持ちが強くなる。俺が幸せにしてあげないと……ってね」(28歳/保険)

男性は仕事もプライベートも充実している“デキる女”より、ちょっぴりドジで頼りない女性を見ると「まったく、しょうがいないな」「俺が守ってあげないとダメだな」と男としての“使命感”が強くなるといいます。カレに結婚を意識させるには、思わず手を差し伸べたくなるような“可愛い女”を演じるのがポイントですよ。

「結婚っていいな」と実感させる“手料理”ができるか

「やっぱり女性は、最低限の料理ができないとダメだよね。彼女の手料理をいただくたびに、毎日こんなに温かい料理が食べられたら幸せだろうな……とぼんやり結婚生活をイメージする。」(29歳/建築)

“胃袋を掴めば恋が成就する”なんて言葉があるように、“料理上手”や“家庭的”は男性が結婚を決意する重要なポイントになっているといいます。まだ 一度も手料理を披露したこのない女性は、カレの大好物をリサーチして、こっそり特訓してみてはいかがですか? あなたの家庭的な一面に、男性は心を動かされるはずです。

自分から「結婚」を迫らない

「この前彼女から『私と結婚する気あるの?』って迫られてゲンナリした。次の誕生日が来たらプロポーズする予定だったけど、なんだか気持ちが冷めてきちゃった」(30歳/公務員)

男性にとって結婚は、人生を左右する重要なターニングポイント。未来予想図に沿ってマイペースに進めているカレを「○歳までに結婚したい」「いつになったら迎えに来てくれるの?」「本当に結婚する気あるの?」なんてプレッシャーを与える言葉で急かしてはいけませんよ。そのときが来るのを、何も言わずにじっと待ち続ける忍耐力、“控えめな女性”である努力も必要です。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます