「熱血!ブラバン少女。」 「熱血!ブラバン少女。」

吹奏楽に取り組む教師と生徒たちの姿を活き活きと描く、笑いと感動の舞台「熱血!ブラバン少女。」が3月4日(土)、博多座で開幕する。

【チケット情報はこちら】

2014年2月に発売され、オリコン週間チャート・クラシック部門5週連続1位、3万枚を越えるヒットを記録したCD『熱血!ブラバン少女。』(福岡・精華女子高等学校吹奏楽部演奏)をモチーフに、オリジナルの脚本で初の舞台化。主演は、今や全国区の人気者であり、俳優としての才能も開花させている博多華丸。作品のモデルとなった精華女子高等学校吹奏楽部がゲスト出演して生演奏することも大きな話題だ。その開幕を前に公開舞台稽古と、出演者による囲み取材が行なわれた。

2015年上演の『めんたいぴりり~博多座版~』に続き、2度めの座長となる華丸。「自分には博多のおいしゃんしか演じられん」と言いながら、その存在感と独特の魅力で場の空気を醸成する。前作に続きタッグを組むG2の丁寧で細やかな演出により、 本作品のキャッチコピー「みたことのなか景色ば、見せちゃるけん」そのままに、感動たっぷりの世界を創り上げられていく様は圧巻だ。

舞台稽古の合間にも、指揮の練習をしていた華丸。「かなり自己練習はしているんですが、やっぱり不安はあります。女子高生の純粋な瞳で見つめられる立場ですし、追い詰められています。指揮のシーンでは背中しか見せてませんが、内側の顔は相当こわばっているかも(笑)」と苦笑い。最近はカラオケに行ってもつい拍子をとってしまう、と続けて笑わせた。「精華の子たちは3チームに分かれていて、日々違うメンバーなので、マンネリになりようがない。いつ来ても初日のような緊張感があるし、本当の意味で毎日が感動だと思います」と、改めて意気込みを語った。

脇を固める俳優陣は、星野真里、田中美里、金子昇、宇梶剛士、森田順平、鳳蘭ほか個性的な面々。HKT48の上野遥はこれが初舞台となる。「オープニングから生演奏ですごく感動します。お芝居と音楽が見事にマッチした作品で満足して頂けるんじゃないかな」(星野)、「演出や音楽はもちろんだけど、大道具も本当に素晴らしくて。博多だけやるのはもったいない。東京や大阪などの大劇場でもやりたいと今から思うくらい(笑)」(鳳)と、共演者も自信をのぞかせる。公演は3月4日(土)から26日(日)まで、福岡・博多座にて。 チケットは発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます