かまやつさんとの思い出を語った堺正章

 1日に78歳で亡くなった歌手のムッシュかまやつ(本名・釜萢弘)さんの訃報を受けて、同じくザ・スパイダースのメンバーだった堺正章が3日、東京都内で会見を行った。

 堺は「全て納得するには時間がかかる。気持ちの整理にはまだ時間がかかる。これからもまだ思い出が作れるだろうという気持ちが僕の本心だった。押しつぶされそう」とつらい心中を明かした。

 堺は、2日に近親者だけで行った納棺式に出席し、かまやつさんと最後の別れをしたという。「もう彼の笑顔が見られないと思うととてもつらい、ただ最後は十分に人生を謳歌(おうか)したような穏やかな顔つきだった」と目に涙を浮かべながら寂しそうに話した。

 また、かまやつさんが亡くなる1週間前にかまやつさんの妻が亡くなったとの連絡があり、かまやつさんに知らせるべきかと相談されたという。堺は「彼の病状とショックの大きさを考慮すると知らせるべきではない。回復したらと…」と考え、伝えなかったことを明かした。

 「まさかその1週間後に彼が…」と言葉を詰まらせた堺は「僕のライブのお知らせを彼にしたところ、来てくれて、ステージに上がってきてくれた。弱々しい声だったが、最後に一緒に歌うことができて、友情をかみ締めることができた」と思い出を語った。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます