段々と暖かな季節になってくると、女性の定番であるスパッツやタイツ、レギンスを用いたコーディネートで出かける機会が増えます。

足をスラッと長く、そして綺麗に見せてくれるタイツ類ですが、男性陣からは意外に不評なんです。

そこで今回は、男性陣が可愛いと思うタイツ類を使ったコーディネート術を伝授いたします。

20~40代の男性の本音がわかり、コーディネートをする際の参考になること間違いなし! 早速チェックしていきましょう。

淡い色合いや派手柄といった黒以外だと可愛く見える!

どうしてもタイツやスパッツ、レギンスって黒い色のものを想像してしまいがち。でも、今は色々な色のものが販売されていますよね。

色のみならず、可愛い柄が入ったものまであります。男性目線でいくと、黒いスパッツはベージュのブラジャーみたいなもの…。なんとなくあまりオシャレには見えにくいそうですが、淡い色合いであったり派手な柄のものだとオシャレアイテムなんだなと思うという意見が。

「タイツが見えてしまうくらいなら、生足を見せて欲しいとか思いますけど…実際そうはいきませんよね。真っ黒いスパッツはなんとなく防寒対策って見えちゃうので、あまりオシャレだとは思えなくて。でも、最近なんか淡い色合いのやつとか山ガールがはいていそうな派手な柄のものとかもありますもんね。ああいったのはオシャレではいているんだな~ってわかります」(30代男性・ゴルフ場管理)

定番の黒よりも違った色や柄のものをチョイスするよう心掛けると、オシャレではいているんだなとわかってもらえそうですね。

薄い素材だとオバサン感が無くなる

ババシャツのように寒さ対策として着ているイメージがあるタイツ。しっかりと編み込まれていて生地の厚いものは、年齢を感じてしまうという意見がありました。

「真っ黒で肌感が全くでないタイツって、防寒対策ですよね? ボトムにショートパンツ履いてタイツ履いてるくらいなら普通のパンツスタイルのほうが可愛いと思ってしまうんですよね。でも、たまに生地が薄目で肌感が見えるやつあるじゃないですか。あれだとオバサン感もなくて可愛いかな…と」(20代男性・会社員)

オバサン感が出る…と言われてしまいましたが、股引(ももひき)とタイツ類は全くもって別物ですよね! 女性のオシャレがわからない男性にとっては、素材感によっては加齢を感じてしまうということがわかりました。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます