米国アカデミー新会員、ジョナ・ヒル、マシュー・マコノヒーらが候補に

2012.7.3 19:8配信

アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミーが、176人に新会員への誘いをかけた。今年の新会員候補に従来よりも若手やマイノリティが多いのは、幅を広げようとするアカデミーの努力の反映と思われる。

今年招待状をもらったのは、オスカーを受賞したジャン・デュジャルダン、オクタビア・スペンサー、またオスカー候補に挙がったジェシカ・チャステイン、ジョナ・ヒル、デミアン・ビチルなど。ほかにマシュー・マコノヒー、ミッシェル・ヨー、映画監督ウォン・カーウァイ、テレンス・マリック、作家スティーヴン・キングらにも送られた。日本人では作曲家の坂本龍一、撮影監督の栗田豊道が受け取っている。

今年初め、ロサンゼルス・タイムズ紙は、アカデミー会員の94%が白人(黒人は2%、中南米系は2%未満)、77%は男性という実態を明かし、その偏り具合が大きな話題を集めた。また、一度会員になると一生会員でいられるため、必然的に年配の会員が多い。その実態レポートをアカデミーも意識したらしく、今年招待された人々のうち白人以外の人種は14%、また女性は30%と、通常よりも多い。また28歳のヒル、35歳のチャステインも含めるなど、若返りへの努力も感じられる。

アカデミー会員は全部で約5800人。死亡したり、引退の意志を表明した会員の欠員を埋めるべく、毎年新会員の候補が決められ、招待状が送られる。招待状を受け取った人はたいてい承諾するが、過去に宮崎駿は招待を受けながら断っている。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング