THE BLACK SWAN

3月8日に5thシングル『RAGE』をリリースしたTHE BLACK SWAN。3月12日からは初のワンマンツアー、MEMBER PRODUCE ONEMAN TOUR「Rage against...xxx」、3月20日からは主催ツアー、「Rage against...xxx[type-E]」がスタート。

今、急成長中のTHE BLACK SWANの5人に、新曲の制作秘話やツアーについての意気込みなどを聞いた。

新曲は8弦ギターのワルくてカッコ良い音に「怒り」の感情を乗せた

——ニューシングル『RAGE』は全曲8弦ギターで、DROP-Eチューニングにて制作されたとのことですが、8弦ギターを使用することにより、どのような特徴が表れているのか教えてください。

樹(Gt.):一般的なギターは6本弦があって、一番低い音がE(ミの音)。8弦ギターは2本弦が加わり、一番低い8弦の音をさらに普通のチューニングよりも下げて、6弦のオクターブ下のEの音が出せるんです。

——ということは、すごく低い轟音になるわけですね。

樹:そうですね。

RENA(Ba.):悪くてカッコ良いということです。

煉(Dr.):なんで低いと邪悪な感じがでるんだろうね。

RENA:感覚の世界なんでうまく説明できませんが、音が低いというのは何かカッコ良い。

——『RAGE』はTYPE-A、TYPE-Bとも3曲入りですが、収録したなかでメンバーさん、それぞれ好きな楽曲はどれですか?

誠(Gt.):3曲とも好きなんですが、『VOMITER』は自分が作曲したので特に好きです。

RENA:誠は自分が作った曲が大好きだからね(笑)。愛を持って曲を生み出しているのは本当に良いと思う。

僕はあまりどの曲が好き、とかは昔からないんですよ。どの曲も平等に愛したいと思っているので。こういう答えは求めていないかもしれませんが、一つのCDが作品なので、曲間も何秒が良いとかもっと短い方が良いとか、細かいところにもこだわっているんです。だから、ランダム再生で聴かれたくはないし……。

もちろん、この曲が聴きたいと思って単品で聴いていただけるのもうれしいですけど。

煉:作るにあたって、どの曲に対しても全力で取り組んでいるので、俺も基本的にはこの曲がどうこうってのはないです。でも、僕はけっこうノリで生きている男なので、今回の3曲のなかで言えば、ノリやすい曲が好きです。

このなかで言うと、『CALL MY NAME』は3曲のなかでは一番わかりやすくてノリやすい傾向にあると思います。自分で叩いていてもノれます。

樹:僕はけっこう好き嫌いがはっきりしている方だと思います。聴くのと演奏するのとで、また好きというカテゴリーが変わってくるんですが、聴いている分には『RAGE』 が一番好きです。メロディに比重のある音楽が好きなんで、これはメロディアスで聴きやすいかなと。

演奏していて、盛り上がっているビジョンが見えてくるのは『CALL MY NAME』。ノリやすい曲なので。

儿(Vo.):僕はこのバンドの曲を一番多く作っているけど、曲が生まれたとき、すげぇ良い曲ができたなと思うときと、良いノリの曲ができたなというときがあります。

曲から感情ができることもあれば、こういう感情の曲を書きたいと思っていて、テーマが見えてくることもある。そういうなかで『RAGE』は、そのとき感じた怒りをこの短い曲にまとめられたなと。良い曲ができたというより、良い表現ができたなと思います。

逆に、『CALL MY NAME』なんかはノリ重視で、今までのTBSにない感じだったり、8弦のうねりや重さを良い感じに出せたと思います。誠が作ってくれた『VOMITER』は自分では考えつかないようなノリの曲なので、引き出しを広げてくれたなぁと。その曲その曲で、いろんな思いがあります。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます