【韓国ドラマ】[最終回]作り手が選ぶベスト・シーンとヒットの理由【短期連載】

『彼女はキレイだった』のDVD発売を記念して全6回の短期連載中。最終回は、制作者と脚本家が自ら選んだ名場面をたっぷりと解説。ドラマ大成功の裏側を探る!

『彼女はキレイだった』のDVD発売を記念して全6回の短期連載「ROAD TO 『彼女はキレイだった』」を展開中。ツンデレ・胸キュン・ブロマンスと多彩な見どころが満載の本作。最終回は、制作者と脚本家が自ら選んだ名場面をたっぷりと解説。ドラマ大成功の裏側を探る!

「ヘジンのセリフに、伝えたかった“キレイ”の意味を込めた」

©2015 MBC

泣いて笑って、視聴者の共感を呼んだ名場面たち

初恋に絡む騒動を明るく描いた本作には、視聴者の胸を揺らした数々の名シーンが登場する。制作会社のオ・グァンヒ代表とチョ・ソンヒ脚本家が、作り手側の立場から見た名場面を教えてくれた。

まずは1話での爆笑シーン。会社の前で転んだヘジンが「前歯が折れちゃったみたい」と泣きそうになる場面だ。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント