好きになった彼に突進し、壁にぶち当たったり、玉砕することも多かった20代の恋愛。悩みがあってもそれはそれで楽しかった、ですよね。

でも、30代になると、闇雲に突き進むだけでは、付き合いを楽しめなくなります。なぜか……。付き合う相手は3040代の大人の男性。

となれば、相手にも“世界”があり、その世界を尊重する必要がありますよね。

今回は、アラサー女性が恋愛を楽しむために知っておきたいことと、お付き合いを楽しむポイントをご紹介します。

どんなに好きな相手にも”境界線”がある

いつも一緒に居たくて、彼を独占したかった20代。でも、30代は自分のための時間を持たないと、保たない!

四六時中、べったりと彼にくっついているわけにもいきません。彼にも、仕事があり、彼だけの時間があるからです。

彼の仕事が忙しくて、デートができない日が続くのも、30代の男女なら仕方がない。デートの頻度が減っても、好きじゃなくなったのでも、浮気しているのでもなく、本当に“忙しくて時間がない”のです。

自分の時間を持った男女が、時々、時間を共有するのがアラサーの恋愛

彼に向かって「たまには、私のために時間を作って!」と言いたくなることもありますが、自分以外の誰かのスケジュールを思い通りにするのは、残念ながら出来ません。

「諦めよう!」とは言いませんが、はじめに、相手の時間をコントロールしようと思わないことが、大人の男女の付き合いのコツ。

相手の世界を侵さない

「俺はこういう主義だから」「君が好きなようにしたらいいけど、俺に頼らないでね」

この二言、先日、一緒に食事をした、40代独身男性に言われたことば。「俺には俺のルールがあるから、それを侵さないなら、君を尊重するよ」と言いたかったようです。

 読者のみなさんも20代の頃と比較すると、自分の好みや心地よい状況などがハッキリしていませんか? ということは、付き合う男性にも、譲れない部分が確立されているはず。

既に出来上がっている相手の世界を侵して、うまく付き合うのは難しいもの。アラサーの恋愛には、相手の世界を侵すのではなく「受け入れる」器が必要です。

グレーゾンを認める

「相手が浮気したら即お別れ!」

白黒ハッキリしたかった若かりしときの自分。でも、一回の浮気、誰にでもあり得るのでは? もちろん、腹も立ちますし悲しいのですが、割り切れないこともあるものです。

誰かと付き合っていくなら、グレーゾーンもあると認めないと、関係が続かないことも多いですよね。恋愛に関しては、正解か不正解かだけでなく、真ん中もあるんです。

自分の信念を曲げる必要はありませんが、ガチガチに堅くなり正解不正解を求めるよりも緩めて付き合ってみると、付き合いがもっと楽に、楽しくなるはずです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます