危険すぎる! サシャ・バロン・コーエンの仰天“役作り方法”とは?

2012.7.4 16:42配信
『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』 (C)2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

『ボラット』『ブルーノ』のサシャ・バロン・コーエンが主演最新作『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』であまりに危険な“役作り方法”を実践していたことが明らかになった。

その他の写真

カザフスタンのジャーナリスト、ゲイのファッション評論家など様々なキャラクターに扮し、世間を騒がせてきたコーエンが本作で演じるのは独裁者アラジーン将軍だ。映画は、彼がニューヨークを訪れるも、米国政府の陰謀により身元不明の状態にされたまま街に放り出され、行く先々で騒動を起こす様を描いている。

徹底的な資料の読み込みや、体重の増減などの身体改造、体験取材など俳優が役を演じる準備には様々なものがあるが、コーエンは独裁者を演じる際にとんでもない方法で役をつくったようだ。本作を手がけたラリー・チャールズ監督によると「サシャは、アラジーン将軍というキャラクターにリアリティを持たせるため、映画の準備段階の時点でアラジーン将軍を実在の人物としていくつかのメディアに紹介し、実際にインタビューを受けたんだ」とコメント。「相手に将軍キャラが作り事だとバレないようにするためには、完全に即興で答えなければいけない。そういう会話を積み重ねることによって、サシャは役柄を完璧なものに仕上げていくんだ」と説明する。

コーエンの役の“作りこみ”はいつも徹底されており、もしかしたらインタビューした人間は相手がコーエンだと気づいていない可能性もある。なんとも人騒がせな話だが、何者も恐れぬコーエンの破天荒ぶりと俳優魂が、映画『ディクテーター…』でどのように結実しているのか気になるところだ。

『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』
9月7日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国順次公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング