イベントに登場した吉岡里帆

 TBS火曜ドラマ『カルテット』×弦楽四重奏 コラボレーションイベントが11日、東京都内で行われ、ドラマに出演中の吉岡里帆が登場した。

 本作は、松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平が演じる、“偶然”出会った4人の男女がカルテットを組み、ひと冬の共同生活を送るラブ&サスペンス。吉岡は、4人の関係をかき乱す“目が笑っていない笑顔”の悪女・有朱(ありす)役を演じている。

 有朱役を演じた感想を聞かれると「目が笑わないってすごい難しくて。つい心が躍ったり、その人に愛が少しでも生まれたら、目はキラッとしちゃうものなので、向こうで松さんと高橋一生さんが、おいしそうにどら焼きを食べているけど、あそこに混ざったらキャラが崩れるなと、日々思いながら過ごしていました」と明かした。

 しかし、最終的には皆と仲良くなったという。「皆さん本当に優しくて。満島さんとはご兄弟の話をしたり、松さんとは、(松の)娘さんがたまに現場に来てくれるので、もうかわいくて。一生さんと『ずっと見ていられるね』って話したりしてます」とエピソードを披露した。

 また「皆さん役柄と(性格が)近い?」と聞かれると、理屈っぽくて独自のこだわりを持つ家森役の高橋について「一生さんと家森さんは、すごく似ているところがあって。知識量が多くて、こだわり屋さんというか、冷静で。職人さんだなと思います」と明かした。

 イベントには、東京藝術大学のOG、OB、現役生による弦楽四重奏も行われ、ドラマの中でも演奏されている「スメタナ/モルダウ(連作交響詩「わが祖国より」)」などの曲目を披露した。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます