ラナ、Androidの公式マスコット「Android mini collectibles」を発売

2011.11.9 12:40配信
「Android mini collectibles」のStandard EditionとDIY Edition

ラナは、Googleの携帯端末向けOS「Android」のキャラクターフィギュアのデザイン・制作に関するライセンスを保有する米デッドゼブラ社と日本での独占販売契約を締結し、高さ約7.5cmのマスコット「Android mini collectibles」を12月中旬に発売する。

ラインアップは、アンドロイドのマスコット、通称「ドロイド君」のキャラクターを忠実に立体化して再現した明るい黄緑色のベースモデル「Standard Edition」と、購入者自身でカラーリングを楽しめるホワイトカラーの「DIY Edition」の2モデル。日本限定パッケージとして、デザイナーのアンドリュー・ベル氏が日本向けにデザインをし直している。本体サイズは幅約高さ75×幅70×奥行き40mm。

価格は1個840円で、16個入り1セットで1万3440円。直販サイト「ラナタウン」では、11月9日から予約を受け付けている。ラナは、今後発売する「Special Edition」や「Android Foundry」ブランドも取り扱う。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング