ふかふかのものや歯ごたえあるもの、いろんな食感を楽しめるパンは、食事にもなるし間食にもなる優れものですよね。パンの酵母の香りを嗅ぐと、お腹いっぱいでも別腹ができてつい食べちゃう人も多いのではないでしょうか。

しかし、パンはダイエットの敵とも言われている“糖質”がたっぷり入った食べ物。だからこそ賢く選びたいですよね。

今回はパンの中でも糖質が高めのもの、糖質が低めのものについてご紹介します。

これには気をつけよう!糖質高めのパン

クロックムッシュ

食パン2枚使って、チーズ、バター、ホワイトソースなどを挟むクロックムッシュは1個で500kcalを越すハイカロリーパン。1人前で角砂糖15個分の糖質が含まれています。

ただ、メロンパンやクリームパンと違い、糖質だけでなく、おかずとなるたんぱく質も摂れるので、食事の代わりに食べるにはオススメです。

パンはできるだけ、4つ切りのような厚いものではなく、8つ切りのような薄いパンを使うといいですね。

 

  メロンパン

サクサクの甘い皮と、中のふわふわした食感が楽しめるメロンパンはお子さんから大人まで人気のパン。

ですが、1個でご飯1膳半ほどある高カロリーパン。その理由として皮にはバターがたっぷり練りこまれ、さらにグラニュー糖もまぶしてあるからです。そんなメロンパンの糖質は角砂糖14 個分にもなります。

一度に食べるにはちょっと糖質が多めですし、ご飯の代わりに……といっても、gあたりで比較するとご飯よりも断然メロンパンの方が多く含まれていますので、脂肪として蓄えられやすくなってしまいます。

週1回にする、小さめのものを選ぶ、数回に分けて食べるなど食べる量を調整したいパンです。

 

  シナモンロール

シナモンの風味が豊かなシナモンロールを好む女子はたくさんいますよね。生地の上にはバターやグラニュー糖がたっぷりなのでカロリーが高いことは一目瞭然。そして糖質も角砂糖11.3個分も含まれています。

粉糖でアイシングされていないものを選んだり、甘みの代わりにスライスアーモンドがまぶしてあるものを選んだりすると糖質の吸収が穏やかになります。

 

  かぼちゃパン

パン生地にかぼちゃを練りこんであったり、かぼちゃの餡がパンに包まれていたり、バラエティー豊かなかぼちゃパン。

かぼちゃは野菜だからヘルシーと思いきや、糖質の多い野菜の代表。角砂糖9個分もの糖質が含まれています。

合わせてさつまいもやジャガイモなど芋類もパンの餡として使われることがありますが、芋類も糖質が高め。

練りゴマやナッツ類が練りこんであるものを選ぶといいですね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます