ホワイトデーにちなみ、JUJUに宇宙をイメージしたケーキをプレゼントした草刈正雄

 映画『パッセンジャー』のジャパンプレミアが14日、東京都内で行われ、ゲストとして俳優の草刈正雄と歌手のJUJUが登壇した。

 本作は、宇宙船内で極限状態に置かれた男女の壮絶な愛と闘いを描いたスペーススペクタクルロマン。主人公は、120年の冬眠を経て新たな惑星に移住するはずが、他の乗客たちよりも90年早く目覚めてしまった男女2人。彼らは絶望感に襲われながらもやがて愛し合うようになり、共に運命に立ち向かう。

 JUJUはこの日、宇宙空間をイメージしたスクリーンの前で、日本語吹き替え版のテーマソング「Because of You」を初披露。舞台袖で見守った草刈も「ウルウルきました。映画にぴったりの曲。素晴らしかったです」とうっとりした様子で賛辞を贈った。

 JUJUの“憧れの人”として招待された草刈は、一足先に鑑賞したという本作について「初めて見る感じの映画。宇宙を舞台にラブロマンスが起きるわけですが、皆さんもドキドキ、ワクワクしながら見てください」と笑顔でアピールした。

 また「もし自分が主人公の男性なら、相手の女性はどんな人だったらいいと思う?」と聞かれた草刈は「性格(で求めるの)は一つだけ。女性は優しさですね」と回答。

 「相手に求めるスキルは?」という質問には「何がいいですかね?」と迷いながらも「もし相手がJUJUさんなら年がら年中、歌を歌ってほしい。僕は演奏で…と言いたいけれど、僕は楽器は全然駄目なんですよ」とマイペースに語り、ほほ笑んだ。

 対するJUJUは、宇宙で2人きりになるなら「面白い人がいい。ずっと2人で笑っていられたら90年ぐらい大丈夫。どんな状況でもとっさの判断ができる人がいい」と理想を語り、2人で宇宙デートをするなら「宇宙散歩がいいですね」と声をはずませた。

 さらに、自身の運命的な出会いを尋ねられた2人。草刈は「それはもう今の妻ですよ。運命を感じました。ちょっと細かくは話せませんが…」と照れ笑いを交えてコメントした。

 一方、JUJUは「うちの犬ですかね。どうしても“どん吉”という名前の柴犬を飼いたかったんですが、ある日、テレビの仕事の合間にペットショップに行ったら見た瞬間に“どんちゃん!”と思える犬がいて…。運命です」と語り、会場を盛り上げた。

 映画は3月24日から全国ロードショー。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます