Moto G5 Plus

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、最新のAndroid 7.0を搭載したSIMフリースマートフォン「Moto G5」「Moto G5 Plus」を3月31日に発売する。オンラインショップのMotoストアでの税別価格は、「Moto G5」が2万2800円、「Moto G5 Plus」が3万5800円。

「Moto G5 Plus」「Moto G5」は、好評だった前モデルを大幅に改良。高級感のあるメタルボディ、高性能カメラ、オクタコアプロセッサ、大容量バッテリ、指紋認証などを搭載しながら、2~3万円台の手頃な価格を実現した。2017年夏予定のソフトウェア・バージョンアップで、LTE/3Gの同時待受が可能なデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)にも対応する予定。

「Moto G5 Plus」は、5.2インチのフルHD液晶ディスプレイを搭載。1200万画素のメインカメラには、高級カメラなどで使われる「デュアルピクセル・センサー」を採用し、従来機種と比較してフォーカスを約60%高速化した。開放F値はf1.7で、ピクセルサイズを大きくしたことで暗い場所での撮影にも強く、美しい自撮りが可能な「ビューティーモード」、ISO感度やシャッタースピードをマニュアルで調整できる「プロフェッショナルモード」など、多彩な撮影機能を搭載する。

バッテリ容量は3000mAh。サイズは幅74.0×高さ150.2×奥行き7.7mmで、重さは約155g。カラーは、ルナグレー、ファインゴールドの2色。

「Moto G5」は、5インチのフル液晶ディスプレイ、高速オートフォーカス対応の1300万画素のカメラなどを搭載。バッテリ容量は2800mAh。サイズは幅73.0×高さ144.0×奥行き8.7mmで、重さは約149g。カラーは、ルナグレー、ファインゴールドの2色。

また、「Moto Z」ファミリー用の拡張モジュール「Moto Mods」の新製品として、車のエアコン吹き出し口に取り付けて、ワンタッチで着脱できるモジュール「ビークル・ドック」を2017年春以降に発売する。Motoストアでの税別価格は9800円。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます