ブタのグンターの声を吹き替えた斎藤司

 映画『SING/シング』の公開記念舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版の声優を務めた内村光良、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、宮野真守、大地真央ほかが出席した。

 本作は、動物だけが暮らす世界を描いたアニメーション映画。ヤマアラシのアッシュを演じた長澤がブタのグンター役の斎藤を見て「ここに出てくる前からかっこつけてる」と笑うと、斎藤は「かっこよく見えているんでしょ。言えばいいのに、好きだって。すいません、うちのまさみが」と語り、長澤をさらに笑わせた。

 さらに、イベントなどを通して宮野との距離を縮め、互いを「マモ」「つーちゃん」と呼び合っているという斎藤が「突っ込んでくれるからやりやすい。相方のたかしは普段突っ込んでくれないので」と笑顔を見せると、宮野も「これからは“マモンディエンジェル”としてやっていきたい」と語った。

 また、魅力を感じたキャラクターについて坂本の「私は全編通してコアラの…。お名前はなんでしたっけ」というオトボケ発言に、隣に立つ宮野が「さすがですね。主人公なんですよ」と説明すると場内は爆笑の渦に。

 主人公バスター・ムーン支配人役の内村も「コアラのマーチでいいですよ」とフォローし、「歌うのは恥ずかしかったけど、コアラのマーチとして頑張りました」と振り返った。

 胸に秘めた夢をかなえるため“人生を変える最高のステージ”を目指す物語にちなみ、かなえたい夢を問われた斎藤は「紅白出場。私は必ずやりますよ。後輩ですけど、渡辺直美を目指しています」と即答。内村は「(コアラが)バスター・ムーンだってことを知ってもらいたい」と再び坂本の言葉を引き合いに出して笑いを誘った。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます