マイペースを貫いたガッツ石松(左)と小峠英二

 映画『キングコング:髑髏島の巨神』“絶叫4DX”試写会が23日、東京都内で行われ、ゲストとしてガッツ石松、バイきんぐ(小峠英二、西村瑞樹)、真壁刀義が登壇した。

 この映画は、人が決して足を踏み入れてはならない“髑髏(ドクロ)島”を舞台に、人類VS巨神キングコングのモンスター・バトルを描く。

 この日は、一足先に本編を鑑賞した4人が、感想など“キングコング”トークを展開。中でも、ガッツの自由奔放な発言は観客の爆笑をさらったが、あまりの“天然ぶり”に小峠が「黙ってください!世界チャンピオンじゃなかったら殴ってましたよ!」と呆れ果てる一幕もあった。

 冒頭で、司会から「なぜきょう会場に呼ばれたか分かります?」と聞かれたガッツは「ずばり(俺のことを)コング顔と言うんだろ?」とあっさり“正答”。感想については「迫力があり過ぎて意味が分からなかった。もう一度見たい」と話し「キングコングとゴジラは違うんだってね。それを考えたら寝られなくなったよ」とマイペース。

 一方、司会から「ゲストに選ばれた理由は、芸能界随一のドクロ顔だから」と説明を受けた小峠は「つまりドクロ要員なんですね?」と苦笑い。見どころについて「最初から最後までずっとテンションが高くて面白い。あとキングコングの動きが人間っぽくてそれがリアルだった」と熱弁を振るったが、隣のガッツに「俺にはそうは見えなかったな」と話の腰を折られ、「黙ってください!」と悲鳴を上げた。

 真壁が「物語の展開が超はえーから!」と興奮気味に語った場面でも、ガッツは「全然(映画の)意味が分からなかったよ」と一言。西村が「キングコングの登場シーンがかっこいい。注目して」とアピールすれば、再び「どこらへんで出てきたっけ…?」とオトボケ発言をかました。これには小峠も「何で今日来たんだよ!」とお怒り。しまいには「これ、あと何回突っ込まなきゃいけないのかな?」と突っ込み疲れを起こしていた。

 そんなガッツだが、実はハリウッド映画『ブラック・レイン』に出演経験のある役者でもあり、司会から「この映画で役者魂が再び燃えてきたのでは?」と聞かれるも「ないねえ」と回答。「役者というのは役割分担。だから台本もらったら自分の役割を理解したうえで…」と急に真面目モードで語り、周囲をズッコケさせた。

 「もし次回作に、リアルコング役としてオファーが来たらどうする?」という質問には、「そういうあり得ないことは考えない」と現実的に返し、再び笑いを誘っていた。

 この日、4人は五感で映画を楽しめる体験型上映システム4DXを初体験。大きく揺れ動く座席に驚いたガッツは「危険が危ない!」と最後まで天然ぶりを発揮していた。

 映画は3月25日からロードショー。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます