20歳になった中条あやみ

 「Haagen-Dazs“&Lounge”オープニングイベント」が23日、東京都内で行われ、モデルで女優の中条あやみとお笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇と徳井健太が登場した。

 2月4日に20歳の誕生日を迎えたという中条は、「20歳になった感想は?」と聞かれると「あまり実感がなかったんですけど、実家に帰って両親に『ありがとう』っていう言葉を伝えたら、やっと20歳になったんだなって実感が湧きました」と答えた。

 吉村は「20歳の時は何をしてた?」と振られると、「東京に出て芸人になってました。先輩の手伝いで、トラックの荷台に詰め込まれて大阪の劇場に行ったりとか。でもトラックが開かなくて、声も聞こえないから、用を足したくなったらビニールに詰めて、二つ溜まったら降ろしてっていうのをやってました。これが俺の20歳ですよ」と振り返って、笑わせた。

 徳井は「俺はちょうど20歳のころ、今の嫁のヒモになっていて、嫁の貯金を全部食い尽くしましたから。そういう悪い男に引っ掛からないように」と中条にアドバイスをするも、中条に「大丈夫です」と返され、笑いを誘った。

 また、吉村と徳井は、中条との2ショット写真を掛けて“アレンジメニュー対決”を行った。吉村は白イチゴとホワイトチョコを乗せた“白いメニュー”を、徳井はチョコレートソースとブラウニーを乗せた“黒いメニュー”をそれぞれ提案し、吉村が勝利した。

 中条は、吉村の印象について聞かれると「テレビで見てるよりも面白かった…」と率直な感想を吐露。

 「破天荒な男性はどう?」との質問には「何が起こるか分からないので、楽しそうだなと思います」と笑顔で答えた。これを受けて吉村は、「人として見てくださいね。優しい目でお願いします」と懇願していた。

[caption id="attachment_1099271" align="aligncenter" width="430"] 「Haagen-Dazs“&Lounge”オープニングイベント」に登場した
(左から)中条あやみ、平成ノブシコブシの吉村崇と徳井健太[/caption]

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます