東北復興支援の花火大会・発起人「震災を絶対に風化させない」と今年開催への想いを語る

2012.7.6 18:00配信
「LIGHT UP NIPPON」発起人の高田佳岳氏 「LIGHT UP NIPPON」発起人の高田佳岳氏

昨年の夏、2011年8月11日夜7時、被災地10か所で同時開催された「LIGHT UP NIPPON」。“東北を、日本を、花火で、元気に”をスローガンに実施された本花火大会が、今年も同日同時刻に開催される。

「LIGHT UP NIPPON 2012」の詳細

震災からわずか5か月で実現した、昨年のこの花火大会のはじまりは都内在住の会社員、高田佳岳氏の呼びかけだった。東京湾花火大会の中止で、使用するはずだった花火が宙に浮いていることを知った彼は、その花火を使った追悼花火大会の実施を、震災で被害を受けた東北の町や市に打診。“東北に元気を”との思いで実現に奔走したという。「時期尚早と思いましたがいてもたってもいられず、4月10日には東北各地を訪れ、観光課の方などに話しをしてみました。そうしたら意外にも“やろう”と言ってくれる方が多くて。その言葉に勇気づけられ実現に向けて一気に動き出しました」

想いは見事に結実。震災で亡くなった人の追悼と鎮魂の思いを胸に、彼をはじめとする有志と地元の人々の心がひとつになって開催された花火大会は、被災地で生きる4万2000の人々が訪れた。「花火がパッと咲いた瞬間、周囲にいた子供たちが笑顔で花火の上がった方向に駆け寄っていったんです。この瞬間、“やってよかったなぁ”と。ほんの少しですけど、東北に勇気と希望を届けられたのではないかと思っています」

その昨年を経た今年は“東日本大震災を絶対に風化させない”が重要なテーマ。高田氏は「東京にいると震災の記憶が薄れつつある気がします。でも、東北はまだ復興の道半ば。いまだに多くの人が苦境の中にいることに思いを馳せる機会になればと。昨年より各町も受け入れ体制が整ってきているので、ぜひ現地を訪れ、地元の人と交流をもって、各会場で一緒に花火を観てください」と語る。

8月11日に先立ち、7月7日(土)からドキュメンタリー映画『LIGHT UP NIPPON 日本を照らした奇跡の花火』が劇場公開となる。ナレーションを女優の黒木瞳が担当し、音楽を坂本龍一が務めたこの作品は、まさに昨年、高田氏のたどった花火大会開催実現の軌跡の一部始終が収められている。この映画の収益は今年開催される花火代になるので、映画を観ることでも支援に繋がるとのこと。また、映画の公開にあわせて、7月7日(土)、8日(日)に、六本木・東京ミッドタウンにて「LIGHT UP NIPPON 七夕まつり」が開催予定だ。

「この機会を通して、『LIGHT UP NIPPON』の活動をもっと皆さんに知っていただきたいです。もし賛同いただけるようなら、ご支援いただけるとうれしいです。震災の記憶をとどめるためにも、末永い花火大会にしていきたいのです。花火は1発約3000円。これで被災地に笑顔を届けられますので、ぜひご参加をお願いします!」という熱いメッセージを預かった。興味をもたれた方はぜひ温かい支援を。

(取材・文 水上賢治)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング