「髑髏城の七人 Season花」プレスコールの様子

 劇団☆新感線「髑髏(どくろ)城の七人 Season花」公開舞台稽古(けいこ)取材が30日、東京・豊洲にオープンする“没入型”エンターテインメント施設「IHIステージアラウンド東京」で行われ、出演者の小栗旬、山本耕史、成河、古田新太がコメントを寄せた。

 この劇場は、欧米のエンターテインメントカンパニーImagine Nationによって2010年10月にオランダで誕生した劇場で、オランダに続きアジアで初めて作られた。1300人以上もの観客を乗せて360°回転する円形の客席を劇場中央に配置し、ステージと巨大なスクリーンが取り囲むことで“没入感”を体験できるというもの。

 新劇場のこけら落とし公演として上演されるこの作品は、1990年から7年ごとに上演されてきた劇団☆新感線の代表作。7年ごとの年にあたる2018年までを“花・鳥・風・月”の4シーズンに分け、シーズンごとに脚本・演出が練り直され、すべて異なるキャストでまったく違ったアプローチの「髑髏城の七人」を上演する。

 この日は40分間のプレスコールとなり、4つに区切られたステージの転換にあわせて客席が回転し、キャストが移動する様子とスクリーンに映し出した映像で効果的に場面転換を見せる新しい演出がお披露目された。

 2011年に上演された「髑髏城の七人」でも捨之介を演じ、6年ぶりの劇団☆新感線参加となる小栗は「なかなか大変な舞台なので、ケガをしないように気を付けたいと思います」と気を引き締め、「お客様は絶対に楽しめると思うので、期待を裏切らないように頑張ります」と意気込んだ。

 新劇場については「とにかく大きすぎて、大変な劇場ですね」と印象述べ、山本も「客席が回転することもさることながら、スクリーンの効果で間口が狭くなったり広くなったりいろいろな表現ができる。新しい髑髏城を作り上げたいという気持ちが強くなりました」と興味津々に語った。

 一方、古田は「広すぎる。おいらたちはセットの外を移動しているので、1周300メートルくらいあるんじゃないかな」と苦労も明かしつつ、「事故なく、つつがなく終わりたいです。面白い面白くないは別にして、なんかすげーなここ、と思いますよ」とメッセージを寄せた。

 舞台は3月30日~6月12日まで上演。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます