イジリー岡田からも注目されている大園桃子

 日テレ月曜深夜枠バラエティー「NOGIBINGO!8」の囲み取材会が30日、東京都内で行われ、乃木坂46の3期生メンバー12人とMCを務めるイジリー岡田が出席した。

 アイドルバラエティーの登竜門“BINGO!”シリーズの第8弾となる今回は、昨年9月に3期生として加入した12人のメンバー(中村麗乃、大園桃子、山下美月、阪口珠美、向井葉月、岩本蓮加、吉田綾乃クリスティー、与田祐希、久保史緒里、伊藤理々杏、梅澤美波、佐藤楓)が未体験のバラエティーに参戦。先輩たちが体験した、数々の過酷なバラエティーの試練に本格初挑戦する。

 会場には、第1話の収録を終えたばかりのメンバーたちが集結。「バラエティーの洗礼を受けての感想は?」と名指しで質問を受けた大園は「……」とまさかのフリーズ。すかさずイジリーが「こんな感じなんです!これが♯1(第1話)の感じでした。まだ3期生、バラエティーも慣れていないということで、受け答えにもまだ“時差”があるんです」と優しくフォローを入れ、会場の笑いを誘った。

 「じゃあ(答えを)考えておこうか」というイジリーの提案に、大園は「(質問が)難しかった」と困惑顔でポツリ。イジリーが「じゃあパスしよう!」と助け舟を出すと、大園もホッとした笑顔を見せ、これにはイジリーも「この笑顔が♯1では見られませんでした。ずっと泣いていた感じだったので」と喜んだ。

 そんなイジリーは、今後に期待することとして「大園さんとちゃんと会話のキャッチボールができるようになること」と回答。「まだ一方的におじちゃんが話しているだけだからね」と問いかけると、大園は「はい…」と恥ずかしそうにつぶやいた。これにイジリーは「あっ!!やっと返してくれた。これは記念すべき『はい』ですよ」と大興奮で「大園さんが今後どれだけ会話できるようになるかにも注目です」と見どころをアピール。ここでも「頑張ります」と小さく宣言した大園に、イジリーは「その間(ま)がいいんだよ!」と優しい眼差しを向けていた。

 一方、初回収録で印象に残ったメンバーを問われたイジリーは、向井を挙げ「リアクションが良かった。僕が最初に放送コードギリギリの格好で出ていったときも泣く人、逃げる人と出たけど、僕の目をじっと見ていたのが向井さん。目線を外さなかった」とその大物ぶりを絶賛した。

 向井も、バラエティーで見る先輩たちの姿に憧れを抱いていたそうで「きょうは(念願の)ドッキリを仕掛けてもらえてすごくうれしかったです」とニッコリ。一方、これだけは避けたい企画を問われると「虫は食べたくないです」と苦笑いで吐露した。このほか、岩本も「催眠術をかけられてみたい」と今後の企画に期待を寄せていた。

 番組は日本テレビ系で4月10日スタート。毎週火曜午前1時29分~1時59分、放送(月曜深夜)。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます