平祐奈(左)と飯豊まりえ

 映画『暗黒女子』ゲリラPRイベントが31日、東京都内で行われ、出演者の飯豊まりえと平祐奈が出席した。

 秋吉理香子氏の同名小説を映画化した本作は、セレブ女子高生たちが通う聖母マリア女子高等学院を舞台にした“全員悪女”によるだまし合いと裏切りのエンターテインメント作。

 この日は、明日公開となる本作をPRすべく、2人がTSUTAYA渋谷店で、来場者に『暗黒女子』のチラシを直接配布し、宣伝活動を行った。

 配布を終えた飯豊は「明日からいよいよ公開なので、必死になって配らなきゃと思ってエネルギー使いました」とニッコリ。平も「あっという間でしたが楽しかったです」と声をはずませた。

 4月1日のエイプリールフールに公開される本作だが、飯豊は「さっきフライングで祐奈ちゃんにうそをつかれました。『明日から公開だね』と言ったら『ごめんね。私(初日)舞台あいさつ出れないんだ』って。『そうなの?』って聞いたらうそでした」と平のいたずらを暴露した。

 笑ってその話を聞いていた平は「明日、この映画も公開されないかもしれないですからね?」と冗談めかした。

 また飯豊とダブル主演した清水富美加は、宗教法人「幸福の科学」への出家騒動があり、全てのPR活動を欠席した。清水への思いを問われた飯豊は「撮影の時は(2人とも)結構大変だったので、富美加ちゃんの分もしっかり笑顔で映画を届けたいと思います」と力強くコメント。

 また「いよいよ明日から『暗黒女子』が公開されます。女の子のキラキラした部分と真っ暗な部分がついに解禁されるので、いろんな方に見てもらえたら。最初の顔と最後の顔が全く違うので、そこもだまされたな…と思ってもらえるポイントです」とアピールした。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます