青八木&鏑木の総北スプリンターコンビが、ハコガク銅橋と激しく激突する

新キャストが多数登場! 新生“ペダステ”

今回の舞台『弱虫ペダル 新インターハイ篇~スタートライン~』は、まず何よりも“新キャスト”が注目の公演だった。

2012年の初演から今までも、キャストチェンジや新キャスト参加は何度もあった。しかし、今回のようにメインキャラクターである小野田・今泉・鳴子の3人が新キャストとなるのは、初めてではなかろうか?

小野田坂道役には醍醐虎汰朗(だいごこたろう)、今泉俊輔役に和田雅成(わだまさなり)、鳴子章吉役に百瀬朔(ももせさく)がそれぞれキャスティングされた。

なんと今回のペダステではメインキャストを、プロアマ問わずオーディションにて選出するという画期的な試みが行われ、その結果、醍醐虎汰朗が小野田役として抜擢されたというわけだ。他にも注目の新キャストがたくさん登場している。

新キャスト多数で始動した”新ペダステ”

今回の舞台では、小野田たちが2年生になって、2回目のインターハイに臨むまでのストーリーを描いている。

総北の3年生コンビ、手嶋純太と青八木一は前作から引き続き鯨井康介&八島諒コンビが演じる。

ライバル校である箱根学園(ハコガク)サイドでは、キャプテン泉田塔一郎役はもはやペダステ最古参キャストである河原田巧也、黒田雪成役の秋元龍太朗も5作目からの出演と、3年生キャスト陣の貫禄も備わってきた。

エラそうに批評している私が何者なのか自分でもわからなくなってきたところで、個人的に気になる新キャスト評に入る。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます