発売を延期した「COMBOシリーズ」

パナソニック・エコソリューションズ社は、当初、4月3日に発売予定だった宅配ボックス「COMBOシリーズ」の新製品「COMBO-Maison」「COMBO-int」「COMBO-F」の発売を延期し、6月1日から受注を開始する。

発売延期の理由は、宅配ボックス市場の急激な需要増加にともない、販売中の製品の受注量が通常月の5倍以上と想定を上回り、製品供給体制が追いつかないため。

「COMBO-Maison」は、後付け設置可能な暗証番号式のアパート用宅配ボックスで、ハーフタイプ4種類、コンパクトタイプ4種類を用意する。カラーは、鋳鉄ブラック色、ステンシルバー色、漆喰ホワイト色、エイジングブラウン色の4色。税別・工事費別の価格は6万9500円~11万1500円。

「COMBO-int」は、ポストと宅配ボックスを一体化した住宅壁埋め込み専用の戸建住宅用宅配ポストで、カラーは鋳鉄ブラック色、ステンシルバー色、漆喰ホワイト色、エイジングブラウン色の4色。税別・工事費別の価格は17万5000円。

「COMBO-F」は、門柱などに設置可能な戸建住宅用宅配ポスト。カラーは鋳鉄ブラック色、ステンシルバー色、漆喰ホワイト色、エイジングブラウン色、アルミヘアライン、アルミパンチング、チークブラウン色、エボニーブラウン色、ビビッドレッド色、ダンディライアン色、ネイビーブルー色の11色。税別・工事費別の価格は、色柄によって異なり、10万9800円または12万500円。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます