交際相手にとって、一番愛しい存在になりたい。
こういう願いは、きっと男女それぞれに普遍的なものでしょう。

しかし、実際に恋人にとって一番愛しい存在であり続けるには、様々な努力を継続しなければなりません。

日々、愛情の炎を絶やさないように気にかけ、相手の気持ちに寄り添い、想い続ける必要があります。

これを5年も10年も継続するのは、なかなか大変なことですよね。
なにかこう、いい方法はあるのでしょうか。

いつだって自分が一番の存在なのか、確認しにくい…

そもそも男性は、交際相手に対して「君が一番好きだよ」や「君だけが好きだ」なんて言葉をしばしば言うものです。

額面通りその言葉を受け取れば、その時点で一番愛されている存在だと認定されているということになります。

ただ、言葉だけではなかなか、本当にそんな存在なのか判然としないという場合もあるでしょう。
だけどこれって、行動で示そうにも、男性にしてみると難しいところなのです。

「愛してる」と言っても「証拠を見せて」と返されてしまうと、男性は答えに窮してしまうもの。

なぜ愛してると言っているのに、その証拠を求められるのだろうかと、困ってしまいます。

言葉だけではなく、行動で愛していること、唯一無二の恋人であることを証明してもらいたいという気持ちは理解できるのですが、多くの男性は、具体的に証明する方法を知りません。

せいぜい、高いレストランを予約してデートをするとか、高いアクセサリーを買ってプレゼントするとか、そういうやり方しか思い浮かばないでしょう。

本質的に安心させる言動というものは、基本的には男性には期待すべきではないのかもしれません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます