(前列左から)吉岡里帆、宮川大輔、江戸川コナン、倉木麻衣、(後列左から)宮村優子、堀川りょう、高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也

 映画『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』の完成披露舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、宮川大輔、吉岡里帆、倉木麻衣、高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、堀川りょう、宮村優子と江戸川コナンが出席した。

 ゲスト声優として、競技かるた皐月会の会員で本業はカメラマンという関根康史を演じた宮川は「滑舌もそうだし、声で表現するのはすごく難しい。なんでこんなに鼻が詰まっているんだと自分の声が嫌になりました」と笑わせたが、コナン役の高山から「怪しくていいですね。緊張感がそのままキャラクターの緊張感として伝わってくるので素晴らしかった。すごく良かったです」と絶賛された。

 服部平次・遠山和葉が通う改方学園高校の2年生でかるた部の主将である枚本未来子を演じた吉岡は、自身の収録前に灰原哀役の林原めぐみから直々にアドバイスをもらったという。

 吉岡は「皆さんの技術がどれほどすごいのか、私なんかが言っても伝わらない」と恐縮しきりだったが、またも高山から「すごく勘がよくて勉強もしてきてくださったと聞きました。何より作品を愛してくださっているって。その愛がにじみ出ていますよ」と言われ、安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 また、平次役の堀川は「和葉とそろって舞台あいさつに呼んでもらったのは初めてじゃないかな」と笑顔を見せ、和葉役の宮村も「和葉ちゃんと平次くんは映画では4年ぶり。2人の“ラブ”が、ライバル出現でこれまたどうなってしまうのか。2人のラブの行方をぜひご覧になってください」とアピールした。

 高山は「タイトルに“恋”という文字が入っていて、台本を読むまでどうなるかドキドキしていました。果たしてわれわれのラブは?」と期待をあおったが、毛利蘭役の山崎から「今朝見てきたんですけど、和葉ちゃんがかわいくてすごくキュンキュンしちゃって。平次くんはすごくかっこよくて、これは新一やばいぞと思いました」と感想が飛び出ると「待って待って待って」と大慌てで制止した。

 さらに宮村が和葉として「蘭ちゃん、平次にほれたらあかんよ」と牽制する場面もあり、高山もコナンとして「平次兄ちゃん、なるべく東京に来ないようにしてね」と釘を刺すと、堀川が「ばんばん行くで!」と即席でやり取りを披露。集まった客席のファンから大歓声が上がった。

 映画は4月15日から全国東宝系でロードショー。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます