岡田准一を「神様」と表現した長澤まさみ

 映画『追憶』の完成披露舞台あいさつが4日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆、降旗康男監督、撮影の木村大作氏が登壇した。

 本作は、監督・降旗康男×撮影・木村大作の黄金コンビが9年ぶりにタッグを組んで贈るヒューマンミステリー。一つの殺人事件をきっかけに、刑事(岡田)、容疑者(小栗)、被害者(柄本)という形で再会を果たした3人。それぞれが家族を持ち、歩んできた人生が再び交錯し、運命の歯車が回り始める。

 万雷の拍手で迎えられた岡田は「心に染み込んでいく映画が完成しました」と胸を張ってアピール。今回は、映画界の“レジェンド”と称される2人との仕事となったが「やはり映画界に存在する数々の伝説、武勇伝とかの基となっている方たちなので、一緒に仕事ができることが光栄。かけがえのない体験だった」と振り返り、撮影中には「ホテルのサウナでよく(小栗、柄本の)3人で反省会をしていたのですが『幸せだよね…』と互いに話していました」とエピソードも語った。

 そんな岡田について、同日行われた報道陣向けの会見で「誰よりも強くて優しくて神様みたいな人」と語っていた妻役の長澤。舞台あいさつでも、改めて「神様みたいにすてきな人」と尊敬の念を込めて語り、これには岡田も苦笑い。「(彼女は)会うと(僕のことを)『おお、神!』って言うんです」と恥ずかしそうに明かした。

 柄本と小栗も「屋久杉みたいな人」と岡田を表現。柄本が「岡田准一を形容する一番の言葉が屋久杉に決まりました。幹が太くて、地に足がついている。自然界の空、海、岡田准一!」と紹介すると、小栗も「(舞台セットの)後ろの桜の木よりも全然、太い!」と続いて、笑わせた。

 会場が沸く中、岡田は「分かったけど、2人とも俺のことをばかにしているだろう」と柄本と小栗をにらんだ。2人が「本当に敬意を込めています!」と口をそろえると、長澤も“屋久杉”という表現に「賛成です」と大きくうなずいた。

 映画は5月6日から全国東宝系でロードショー。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます