“ディズニー・イースター”エンパイアランチ ©Disney

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーでは、2017年4月4日(火)から6月14日(水)まで、春のスペシャルイベント「ディズニー・イースター」を開催しています。

このイベントに合わせて、パーク近くのディズニーアンバサダーホテルでは、期間限定のランチメニューが提供されています。

今回は、日本料理とカリフォルニア料理、2つのイースター限定メニューをご紹介します。

和食で楽しむイースター「花 Hana」

ディズニーアンバサダーホテル 日本料理レストラン「花 Hana」 ©Disney 撮影 / YOSHI

まずは、日本料理のレストラン「花 Hana」から見ていくことにしましょう。

ディズニーホテルの中で唯一、和食を楽しむことができます。

「花 Hana」で、期間限定で提供されているのが「“ディズニー・イースター”花絵巻」(3,500円)です。

一の膳

“ディズニー・イースター”花絵巻 一の膳 ©Disney 撮影 / YOSHI

先付は、ちょうど旬に当たる「桜海老の浸し」となっています。

前菜盛り合わせには、春野菜サラダ、グリーンピースムース、胡麻豆腐が盛り付けられています。

春野菜サラダは、バーニャ・カウダのように、ソースをつけていただきましょう。

お造りは、味の淡白なものから、味の濃いものへと順番に食べていくと、より味わいが深くなります。

二の膳

“ディズニー・イースター”花絵巻 二の膳 ©Disney 撮影 / YOSHI

鰆の塩焼きと大根の博多盛りは、2つの素材が重なるように盛り付けられています。

「博多盛り」とは、着物の博多帯の柄のように、交互に食材を重ねていくものを指すのです。

海老と女鯒(メゴチ)の天婦羅には、エビとメゴチ以外に、春を感じさせるフキノトウもあります。

天つゆかレモン、好みに合わせて味わうことができますよ。

鶏の治部煮と蕗の煮物は、ウズラの卵が入っていて、イースターエッグを思わせますね。

治部煮とは、石川・金沢の郷土料理で、小麦粉をまぶしたお肉を、野菜と一緒に煮込んで作ります。

花見鯛の押し寿司は、上に白醤油が塗られていますので、そのままいただくことができます。

味噌椀と香の物もありますので、お寿司と一緒に楽しみましょう。

三の膳

“ディズニー・イースター”花絵巻 三の膳 ©Disney 撮影 / YOSHI

丸い器の「甘酒のブランマンジェ 桜のゼリーとソルベ添え」は、上にソルベ、その下に桜のゼリーがあり、隠れるようにして、甘酒のブランマンジェが入っています。

ソルベはちょっとかたいですので、先にゼリーとブランマンジェをいただきましょう。

甘酒の風味と、桜の花の塩漬けが、なんともマッチしていますよ。

蓬大福は、中につぶあんが入っています。あんこを食べると、やっぱりホッとしますね。

 

“ディズニー・イースター”花絵巻

¥3,500(WEB限定優待適用で¥3,000 ※4名以上での利用に限る)

【販売期間】2017年4月3日(月)~6月14日(水)
【提供時間】11:30~14:30

<2017年4月3日(月)~5月9日(火)のメニュー>
■先付
■前菜盛り合わせ
(春野菜サラダ グリーンピースムース 黒胡麻豆腐)
■お造り
■鰆の塩焼きと大根の博多盛り
■海老と女鯒の天婦羅
■鶏の治部煮と蕗の煮物
■花見鯛の押し寿司
■味噌椀
■香の物
■甘酒のブランマンジェ 桜のゼリーとソルベ添え 蓬大福

※記事中での紹介は、5月9日(火)までのメニューです。5月10日(水)以降はメニュー内容が変更となります

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます