「デートに誘いたいけど断られるのが怖い!」と気が引けてしまった経験はありませんか? 相手に「断られるかも……」と思うとなかなか誘えないものですよね。

ならば、断わられないように断りづらくしてしまいましょう! 今回は、相手がデートを断りづらくなってしまう一言を教えちゃいます。デートのお誘いには、ぜひ使ってみてください!

「明日(休みの日)って何している?」

まず、相手が断りづらくなるのが先に予定を聞かれてしまうこと。

たとえば「明日何している?」と聞かれて「暇だから買い物行こうかなと思っている」と言ったとしましょう。

その後に「私も暇だから一緒に買い物行ってもいい?」といわれたら、もう断ることはできませんよね? この状態を利用して、相手が断れない状態にしてしまいましょう。

もちろん、予定を聞くのはいつでもOK。聞いた日に予定があれば、他の日を提案してみてもいいですね。

「○日か○日空いている?」

デートに誘うとき「空いている日教えて」と言ってしまってはダメ!

幅広い選択肢があると、相手に悩む時間を与えてしまいますし「空いている日があったら連絡する」と逃げられてしまう場合もあります。

デートを断りにくくさせるなら「〇日か〇日空いている?」と、2日くらいの選択肢しか与えなければいいのです。

人はたいてい、2日くらいの提案だと「どっちか」を選ぼうとします。そのため、どちらかならOKと返事をもらえ、デートの約束が成功しちゃう可能性が高まるというわけなのです!

「すごく楽しみにしているね!」

相手がデートを楽しみにしていればしているだけ、なんとも断りづらくなってしまうものです。もし、デートの日にちが決定したのなら「わーい!〇〇くんとデートにいけるなんてすごく楽しみ!」と相手に伝えてみてください。

これを聞いた本人は、デートを断りづらくなってしまいます。

これならたとえば、あとでデートをキャンセルしようと思っていても、その場しのぎでOKしたとしても、当日行かざるをえないというような状況になりました。

1度デートの約束ができたのならキャンセルさせないためにも、相手に断りづらい状況をつくってしまえばいいのです。いかに喜んでいるか相手に伝えておきましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます