パイオニア、スマートモバイルオーディオ「XW-SMA1」と「XW-SMA3」、スマートフォンやPCとの無線LAN接続に対応

2012.7.9 12:32配信
「XW-SMA1」(左)と「XW-SMA3」

パイオニアは、スマートフォンやPCなどの無線LAN対応デバイスとのワイヤレス接続に対応するスマートモバイルオーディオ「XW-SMA1」を7月下旬に、充電式バッテリを搭載した防滴対応モデルの「XW-SMA3」を8月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は「XW-SMA1」が2万5000円前後、「XW-SMA3」が3万5000円前後の見込み。

IEEE802.11b/g準拠の無線LANを搭載。無線LANによるロスレス伝送によって、スマートフォンやPCに保存している音楽をCD並みのクリアな音質で楽しめる。無線LANの設定は、「簡単Wi-Fi設定」機能によってボタンを押すだけで完了する。

また、AirPlayに対応し、iPhone/iPod touch/iPadやPCにあるiTunesライブラリの音楽データを無線/有線LAN経由で再生できる。さらにDLNA1.5に準拠し、ホームネットワーク内のAndroid搭載端末やPC、DLNAサーバ機能対応のNASに保存した音楽データの無線/有線LAN経由での再生に対応する。

本体をアクセスポイントとする「Wireless Direct」機能を使えば、スマートフォンやPCなどの無線LAN対応機器をルータなしで直接ワイヤレス接続できる。

スピーカーは、2ウェイ3スピーカー(ウーファー×2、ツイーター×1)を搭載。パイオニアの最高級スピーカー「EXシリーズ」の音質チューニングを担当するチーフスピーカーエンジニアのアンドリュー・ジョーンズ氏がサウンドチューニングを手がけ、指向性・位相特性に配慮したスムーズなレスポンスと広い視聴エリアを実現している。

「XW-SMA3」は、リチウムイオン充電池を搭載し、約4時間の連続使用を実現。IPX2相当の防滴性能を備える。

iPhone/iPod/iPadの再生や充電に対応するUSBポート×1基、LAN端子×1基、直径3.5mmの音声入力端子×1基を搭載。「XW-SMA1」「XW-SMA3」ともに、サイズは幅320×高さ180×奥行き145mmで、重さは「XW-SMA1」が2.3kg、「XW-SMA3」が2.5kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング