異色の恋愛映画『恋に至る病』が今秋、日本公開決定

2012.7.9 14:47配信
『恋に至る病』

我妻三輪子、染谷将太らが出演し、ベルリン映画祭で上映され、第36回香港映画祭では審査員特別賞を受賞した映画『恋に至る病』が10月13日(土)から日本公開されることが決定した。

その他の写真

『恋に至る病』は、生徒の顔もまともに見られず私語や居眠りも注意できない生物教師マドカ(斉藤陽一郎)、彼を大好きで先生と“溶けて混ざってひとつになったらいい”と妄想する生徒ツヅラ(我妻)を主軸に、少し風変わりな四角関係を描きながら、恋とセックスにまつわる根源的な問いに迫る異色の恋愛劇。海外の映画祭では上映後に観客らが“男女の性”について意見交換を交わす場面が見られるなど、単なる青春映画におさまりきらない反響を集めたという。また、主題歌と劇中音楽をテクノポップユニット“アーバンギャルド”が担当することもすでに発表され、話題を呼んでいる。

日本では10月13日(土)から東京・渋谷のユーロスペースで先行上映を開始し、その後に全国で順次公開される予定。

『恋に至る病』
10月13日(土)よりユーロスペースにて先行上映

いま人気の動画

     

人気記事ランキング