春のメイクといえばピンク!アイメイクも、ピンクにシフトしていきたいですよね。

さらに、今季のトレンドアイメイクの一つにピンクがあります。
春らしく、トレンド顔になれるのであればぜひ取り入れたいところ。

しかし、ピンクのアイシャドウを使うとなんだか腫れぼったくなる…。そうお悩みではないでしょうか。

そこで、ピンクアイシャドウを上手に使うコツをご紹介します。

ベージュアイシャドウをベースにして目尻にのみオン!

ピンクアイシャドウは膨張色。まぶた全体に塗ってしまうと、腫れぼったくなってしまうのです。

そこでおすすめなのが目尻にのみカラーを乗せるメイク術です。

アイホールにハイライトカラーを乗せ、二重幅にベージュアイシャドウを塗ります。そして、目尻側1/3のみにピンクを乗せてみましょう。ベージュとの境目は、何もついていないブラシでふんわりとボカしてください。

最後にブラウンで目の際を引き締めます。

この方法だと、ピンクがほんのりとまぶたに乗っていて愛らしい雰囲気に。腫れぼったさも回避できますよ。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます