(左から)新城毅彦監督、白濱亜嵐、永野芽郁、三浦翔平、Dream Ami

 映画『ひるなかの流星』の大ヒット御礼舞台あいさつが7日、東京都内で行われ、出演者の永野芽郁、三浦翔平、白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)と新城毅彦監督、主題歌を歌うDream Amiが出席した。

 本作は、6日の公開から14日目で興行収入9億円、観客動員数83万人を突破し、永野は映画の大ヒットについて「ツイッターやインスタグラムで『ひるなかの流星』って検索するんですけど、2、3回見てくれている人がすごく多い。何回も見て楽しんでくれていてすごいなと思います」と語った。

 キャストの3人はそれぞれ実際に劇場に足を運んで映画を見たそうで、訪れた映画館が同じだったことが発覚すると「一緒に行けばよかったじゃん」とまさかの偶然に驚いた。三浦と白濱は混乱を避けるため、こっそりと座席に着くなど配慮したものの、誰にも気付かれなかったことを明かし、白濱は「まったくバレなかったから怖がっていた自分が恥ずかしい」と笑わせた。

 また、大ヒットの祝福ゲストとして客席のファンをはじめ、登壇者にもサプライズでAmiが会場に駆けつけた。永野は「さっきインスタのストーリーを見ていました。この衣装(の写真を)上げていましたよね。全然想像していなかった」と目を丸くし、白濱も「同じ会社でも聞かないものなんですね。まったく知らなかった」と驚きながらも歓迎した。

 原作ファンで自ら歌詞を書き下ろした主題歌「はやく逢いたい」を生で歌唱したAmiは「亜嵐くんがこの映画に出ると聞いた時、めっちゃいいな、ずるいぐらいに思っていました。まさか自分が主題歌で関わらせてもらえるとは思っていなくて、亜嵐様様です」と感謝を述べ、永野は「どうしよう。いつもケータイから聞いていたので、ずっと夢みたいでした。ありがとうございました」と感激していた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます