シャープ、癒やしと安眠をサポート、目にもやさしい「さくら色LED照明」の新製品

2012.7.9 18:47配信
「DL-C206V」「DL-C306V」「DL-C406V」「DL-C506V」のイメージ

シャープは、癒やしと安眠をサポートするLEDシーリングライト「さくら色LED照明」の新製品として、6畳用「DL-C206V」など、6~12畳向けの4機種を7月13日に発売する。価格はオープン。

今年3月発売の「さくら色LED照明」は、総合医科学研究所に委託した試験で、「さくら色」のあかりが寒色や暖色に比べ、癒やしと安眠サポートに効果があるという試験結果を得たLEDシーリングライト。今回発売するのは、寝室やパーソナルルーム、子ども部屋などに適した6~12畳用までの4機種で、現行機種の14畳用「DL-C604V」を含め、部屋の広さに合わせて選べるようになった。また今回、「さくら色LED照明」が癒やしと安眠サポートに加え、「目にやさしい」効果があることも発表した。

新製品のラインアップと実勢価格は、6畳まで対応の「DL-C206V」が3万5000円前後、8畳までの「DL-C306V」が4万円前後、10畳までの「DL-C406V」が4万5000円前後、12畳までの「DL-C506V」が5万円前後の見込み。サイズは、直径600×最厚部48mm。設計寿命は4万時間。

寒色から暖色までの10段階の調色機能に加え、深みのある「八重桜」と淡い「ソメイヨシノ」の二種類の“さくら色”が、リモコンで操作できる。また、光色を10段階の明るさに変えることができる「調光機能」や、目の順応特性を考慮して点灯後に時間の経過とともに緩やかに明るさを抑えることで、明るさ感を損なわないようにしながら省エネを実現する独自の「エコ調光」を搭載。「エコ調光」オフ時と比べ、約20%の省エネになる。

また、シャープ製のスマートフォンに専用アプリ「ELM シーリングライトリモコン」をインストールすることで、スマートフォンでリモコン操作ができる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング