「ライブ・インパクト『進撃の巨人』」 (c)諫山創・講談社/ライブ・インパクト「進撃の巨人」製作委員会 「ライブ・インパクト『進撃の巨人』」 (c)諫山創・講談社/ライブ・インパクト「進撃の巨人」製作委員会

7月28日(金)から9月3日(日)まで、千葉・舞浜アンフィシアターで上演される「ライブ・インパクト『進撃の巨人』」。同作の新たなビジュアルが発表された。

【チケット情報はこちら】

今回、新たにビジュアルが発表されたのは、エレン・イェーガー(三浦宏規)、ミカサ・アッカーマン(佃井皆美)、アルミン・アルレルト(阪本奨悟)、リヴァイ(遠藤雄弥)の4人。

また、同作の出演者がコメントを発表。エレン・イェーガー役の三浦は「今現在は55公演のロングランに耐えられる体づくりと、しっかりと原作を読み込むことに専念し、エレンを自分に落としていっている最中です」。原作の人気キャラクターで、今回初めてビジュアルが発表されたリヴァイ役を務める遠藤は「先日の、ビジュアル撮影の時に、立体機動装置、団員の服に袖を通し、身が引き締まる思いでした。他の共演者の皆さんのビジュアルを拝見して、本当に楽しみで仕方ありません」とそれぞれコメントを寄せている。

『ライブ・インパクト「進撃の巨人」』は人気コミック『進撃の巨人』初舞台化作品。キャスト総勢150人で壮大な物語を再現。演出を宝塚歌劇団で演出家デビュー、2013年の退団以降は海外で活動してきた児玉明子。ムーブメント・ディレクターを、スタジオジブリ作品の舞台化『Princess Mononoke~もののけ姫~』で注目を集めたアレクサンドラ・ルターが務める。

チケットは発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます