できあがり。お肉は柔らかくて、ピーマンは火が通っているのにシャキシャキした本格的な味になります。

ポイントは強火をキープするだけ! おうちで本格的なチンジャオロースができる?

晩のおかずやお弁当にも、中華は人気ですよね。
最近は、麻婆豆腐やチンジャオロースなどの中華調味料セットもあります。

「でも、おうちで作ると、お店で食べるみたいな感じにならないよね。お肉は硬くなるし、野菜はべちゃべちゃした感じになるし……。」

そう思ったことってないですか?

実は、一つだけポイントを守れば、本格中華の味に近づけることができるんですよ。
そのポイントとは、強火で一気に調理すること。

もちろん、強火で調理すると、材料が焦げ付いたりしやすくなります。
でも、全ての材料を最初にきちんと下ごしらえして、すぐに加熱できるようにしておけば,まず失敗することはありません。

ポピュラーなメニュー、青椒肉絲(チンジャオロース 細切りピーマンとお肉の炒め物)を、おうちでお店の味に近づける方法を紹介させていただきますね。

材料(約2人前)

ピーマン 5個程度
豚肉 200グラム
(チンジャオロースは、本来、牛肉で作りますが、豚肉でも十分おいしいです)

調味料
豆板醤 大さじ1
みりん 大さじ1
出汁醤油 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
ゆずこしょう 大さじ1

※豆板醤がなければ、お味噌にお好みの辛さになるまで一味唐辛子か、ゆずこしょうを加えたもので代用します。
みりんがなければ、少量のお砂糖で代用してください。オイスターソースは入れなくてもかまいません。

下ごしらえ

ボウルに調味料を合わせます。

本格中華調味料がない時は、味噌、出汁醤油、一味唐辛子、少量のお砂糖で代用できます

お肉は細切りにするのが、本来の作り方です。がっつり食べた感じを出したい時は、適当な大きさに、キッチンばさみか包丁でカットしてください。

お肉をカットしたら、調味料とよく合わせます。

調味料とお肉はよくあえておきます

お肉と調味料がなじむまで、10分ほど寝かせますが、その間にピーマンを下ごしらえしましょう。

ピーマンは、へたの部分をとってふたつにカット。種を取っておきます。

半分にカットしたピーマンを重ねて、細切りにしていきます。
包丁を使うのが苦手な方は、フードプロセッサーやスライサーでカットしても大丈夫ですよ。

ピーマンが細切りにできたら、いよいよ炒めに入ります。

「うまい肉」更新情報が受け取れます