All Disney artwork © Disney Enterprises Inc. 撮影/つるたま

「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」が日本科学未来館で2017年4月8日(土)〜9月24日(日)まで開催中。

約90年の中でも輝かしい歴史が並ぶ展覧会は、ディズニーアニメーションの歴史を未来の魔法へと繋ぐ、夢のような空間です。

ディズニーの伝統の秘密を、ディズニー担当者へのインタビューから探っていきましょう。

アニメーションの「原点」

All Disney artwork © Disney Enterprises Inc. 撮影/つるたま

ディズニー・アート展では、ディズニーアニメーションの原画をはじめとした約500点もの展示が並びます。

1928年の『蒸気船ウィリー』から最新作『モアナと伝説の海』まで、ディズニーアニメーション約90年の歴史を見ることができます。

そこに並ぶのは、映画本編に使われたセル画ではなく原画が中心となっています。

原画とは、鉛筆画で、これをセルに転写、彩色し背景画と合わせて撮影して、実際のアニメーションに仕上げていくもの。

他にもコンセプトアートなど、アニメーションが生まれる過程を見せることに重きが置かれています。

ディズニーでは、映画の完成品だけでなく、作られる過程が約90年に渡って保管されているのです。

それらが保管されているのが、ウォルト・ディズニー・アニメーション・リサーチ・ライブラリー(ARL)。

ディズニー・アート展の資料もARLが提供しています。

私たちが原画を見てディズニーアニメーションを知るのと同じように、ディズニーのアニメーターたちもARLの資料を見ながら新たな作品を作り上げていきます。

ディズニーアニメーションの伝統の秘密を、ARLマネージング・ディレクターへのインタビューから探っていきましょう。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます