「WPC 2012」には、1万6000人のパートナーが詰めかけた

【トロント発】米マイクロソフト(スティーブ・バルマーCEO)は、7月9日(現地時間)、カナダ・トロントで開いているパートナー向けイベント「Worldwide Partner Conference 2012(WPC 2012)」で、新しいOS「Windows 8」の発売日を明らかにした。

7月9日~12日で開く「WPC 2012」の初日、最初のセッションに登場したWindows担当のタミー・レラー バイスプレジデントが明らかにした。レラー バイスプレジデントは、「『Windows 8』は、RTM版を今年8月の第一週に出荷し、正式版を10月末に一般市場に向けて提供を開始する。190か国、230言語に対応する新OSで、すべてが記録破りだ」などと語った。なお、日本での正式発売日については、話していない。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます