一重まぶたで、自分の目にコンプレックスを持っている方もいらっしゃるでしょう。ぱっちりとした二重まぶたになれたら…。そうお悩みではないでしょうか?

しかし、一重まぶたには一重まぶたの良いところがあります。その目の形を活かしたメイク術をご紹介します。

あわせて、一重まぶたの方が抱きがちなコンプレックス、「キツく見られがち」「目が小さく見える」そういった悩みをカバーするメイク方法もご紹介しますので、ぜひこれからのアイメイクの参考にしてみてくださいね。

一重まぶたを活かすメイク術!

ぱっちりとした二重まぶたに憧れがちな一重まぶたさん。しかし、一重まぶたには一重まぶたの良いところがあります。

クールで涼しげな印象。そして、オリエンタルな色気も醸し出しています。そういった自分の目をメイクで活かして、もっと好きになってみませんか?

ポイントは、締め色を半楕円状に太めに入れることです。ハイライトカラー〜ミディアムカラーまでは通常通り塗ってください。

締め色は目の際のみに乗せると思われがちですが、目を開いて見える範囲まで、思い切って塗ってみましょう。目に丸みが出て、存在感のある目元になりますよ。

さらに、下まぶたの黒目外側部分から目尻まで、締め色をぬります。上まぶたに広めに塗った締め色とつなげ、若干たれ目気味になるようにしてください。

アイライナーはブラウンを使ってみてください。柔らかな印象になるのでおすすめです。上下のまぶたに塗りましょう。上まぶた・下まぶたともに、黒目上・下が若干太めになるようにしてくださいね。

目尻を若干オーバーラインにすると、柔らかくも切れ長な印象になります。アイシャドウの締め色とアイラインの境目は丁寧にボカしてください。

マスカラは、ボリュームタイプのものをたっぷりと塗りましょう。目尻に重ね塗りして切れ長クールアイは強調してください。

これで、愛らしくありながら、クールな印象の一重まぶたメイクのできあがりです。涼しげでオリエンタル。そんな魅力たっぷりな目元を目指してみてください。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます