椎名慶治ツアー・ファイナルで年末のバースデイ・ライブを発表!

2012.7.10 14:45配信
椎名慶治 椎名慶治

4月にリリースした新作ミニアルバム『I&Key EN』を携えて、椎名慶治のソロとしては2度目の全国ツアーの追加公演が、7月7日に東京・赤坂BLITZで行われた。1週間前に同じ場所でライブを行っているにも関わらず、客席はしっかり満員で、1曲目『年齢不showtime』から会場全体がひとつになった熱いライブが繰り広げられた。

椎名慶治 ライブ情報

ラップ&コーラスのZEROをフィーチャリングした『いっこずつ』などではファンキーな側面を、そして椎名が参加するユニット・Astronautsが『仮面ライダーフォーゼ』に提供した『Giant Step』『ENDLESS PLAY』ではハードロックな一面を披露。さらにSURFACE時代の『TRAP』『御褒美』や、米米CLUBのカバー『Shake Hip!』も飛び出し、ライブの前半はアップテンポで突っ走る。「2日前のツアーファイナル、仙台で全部出し切ったのに…戻って参りました! 今日のオレ、2割増しでカッコいいです!」と、絶好調の椎名は口も滑らかだ。

SURFACE時代の『君の声で 君のすべてで...』をしっとり聴かせたあと、後半は再びアッパーな曲を揃えたダンスタイムへと突入。『I’m a サラリーマン』ではバンドメンバー全員が黒縁メガネをかけたスタイルで会場を沸かせ、再びSURFACE曲『ゴーイングmy上へ』ではキラキラ輝くミラーボールの下、すべての観客が歌詞を大合唱する。SURFACE~椎名慶治ファンの愛情と結束の強さが会場全体にみなぎる、圧巻のパフォーマンスが続く。

18曲を歌いきってアンコールに入っても、テンションはまったく落ちない。実は13年前の7月7日は、SURFACEの最初のツアーの追加公演が行われた思い出の日で、場所も同じ赤坂BLITZ。その想い出を語りながら、13年前の今日リリースされた『なあなあ』を歌ったのは、この日だけのファンへのプレゼントだ。最後は「“なあなあ”だから7回飛ぶぞ!」ということで、全員が7回ジャンプ。「最高のセカンド・フルアルバムを作ってまた帰ってきます!」と宣言する椎名を大歓声が包み込み、2時間半に及ぶライブは幕を閉じた。

次のワンマンライブは、7月27日(金)音霊OTODAMA SEA ATUDIOにて。「このツアーのアフター・パーティーです」という椎名の言葉通り、よりリラックスした楽しいステージになるはずなので、ぜひ参加してほしい。12月30日(日)にはSHIBUYA-AXでバースデイ・ライブを開催することもこの日発表され、今年の後半の椎名慶治は、さらにアグレッシブな活躍を見せてくれそうだ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング