彼と付き合っていると、男女の違いを感じることってありませんか?

男女だと育ってきた環境も違うし、考え方に対する違いも幾多見られるものです。

男性と付き合う際は、こうした男女の違いをどう理解できるかで、関係をうまく築かせるヒントになりそうです。

そこで今回は、恋愛をするなら押さえておきたい、男女の恋愛観の違いをご紹介します。

男性は視覚の情報に弱い

男性は視覚で恋をする人が多いもの。見た目が自分の好みだったら、たちまち好きになってしまうことも少なくありません。言ってしまえば自分のタイプなら、ほとんどの女性が恋愛対象になってしまうのです。

よく付き合っている人がいるのに、街角ですれ違ったキレイな人に目が行くのも、こうした男性の恋愛観がつい出てしまうからでしょう。
だからといって「ああいうタイプが好きなんじゃ……?」と不安になったり、「私のこと嫌いになった?」と心配しなくても大丈夫。

大体の男性は何気なく見ているだけなので、特別深い意味があってほかの異性に目がいくわけではありません。こうした時は「もう、男って仕方ないわね……」と思いながら、「どの子がタイプなの?」とからかってみては。
大人の態度で接してあげられると、彼もバツの悪そうな顔でちょっと反省するかもしれませんね。

男性は恋愛の優先順位が低い

男性は恋愛の優先順位があまり高くない人が多いです。具体的には仕事を第一に、友人関係、そして恋人という順番です。
ただし、最近は仕事と割り切って働いている男性も少なく、その分、趣味やプライベートに楽しみを置いている人も少なくありません。恋愛もそのうちのひとつかもしれませんね。

それでも仕事中は仕事と、頭を切り替えている男性は多そう。
仕事中にLINEを飛ばしても、「仕事のペースが乱されるから」と返事を返さないこともあれば、1日の仕事がひと段落ついてから、ようやく彼女のことを考える男性も多いと思います。

ですので、彼からの返信が遅くてもくれぐれも咎めないで。「仕事、忙しい?」とちょっと控えめに聞くと、彼は「実は取引先でトラブルがあって……」と事情を打ち明けてくれるかもしれません。
不安な気持ちをガマンせず、彼を労わる言葉をかけてあげると、彼もホッと安堵するので一石二鳥なのでは。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます