目の前に広がるミュージカル

© 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

何度も何度も観続け聴き続けてきた『美女と野獣』の名曲。

英語版では歌詞までほぼそのまま再現されています(プレミアム吹替版では歌詞変更)。

ベル役のエマ・ワトソンをはじめ、ディズニーの“本気”を感じる豪華キャストが見事な歌声を披露。

あの名曲たちが再び劇場で聴け、実写の迫力がスクリーンいっぱいに広がる。

曲の後で思わず拍手してしまうような、本物のミュージカルを生で観ている感覚に陥る、見事な音楽です。

実写の説得力

アニメーションをそのまま生かした実写版。

しかし、実写に必要な要素がしっかり入っています。

ベルや野獣の人物描写がより深く行われ、お互いが惹かれ合っていく姿がじっくりと描かれます。

そして、ルミエールやコグスワースたち家具の姿が、実写で描かれることでより説得力をもたせます。

彼らによる「人間に戻りたい」という気持ちは、アニメーション版や舞台版にはない強い感情を揺さぶります。

最後には魔法が解けると知っているのに、どうして最後のバラが散るのがこんなに悲しいのだろう。

『美女と野獣』が持つ25年前から変わらないメッセージ、実写で加わるメッセージが、より重厚に響いてきます。

 

『美女と野獣』をスクリーンで観られるなんて、なんと幸せな時代に生きているのでしょうか。

ディズニーファンなら絶対に劇場で鑑賞しておきたい、本物の名作の実写化です。

『美女と野獣』
2017年4月21日(金)日本公開

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます