前列左から、松下洸平、彩吹真央、山崎樹範、梶原善、オークラ。後列左から、伊藤裕一、上地春奈、味方良介、大水洋介 オフィシャル写真より 前列左から、松下洸平、彩吹真央、山崎樹範、梶原善、オークラ。後列左から、伊藤裕一、上地春奈、味方良介、大水洋介 オフィシャル写真より

構成作家・オークラによる作・演出、崩壊シリーズ『リメンバーミー』が、4月13日に東京・俳優座劇場で開幕した。

~崩壊シリーズ~『リメンバーミー』チケット情報

シリーズ第2弾となるこの作品は、新作書き下ろし。素人劇団「荻窪遊々演劇社」の人々が再び登場し、物語は座長・栗須(山崎樹範)が、舞台監督・杏里(上地春奈)との結婚を劇団員が祝い、サプライズパーティを仕掛けるところから始まる。

ところが劇団員の出水(梶原善)はそわそわ、音響の鳥場(伊藤裕一)は風邪っぴき。他の劇団員もあたふたして、小道具を壊すわ、なんとも中途半端なサプライズに。その上、なんとこの後が公演初日。栗須は杏里との結婚を杏里の父に反対されており、観劇する父親を泣かせることが結婚を許してもらうことが条件だ。というわけで、栗須はこの公演『リメンバーミー』を練りに練って、シリアスなお涙頂戴ものにした。なのに、ポンコツ劇団員たちによって、公演は散々な形に。サプライズパーティの段取りを覚えるのに精一杯の出水、場つなぎに特殊な才能を発揮する看場(松下洸平)、笑い上戸ですぐ素に戻ってしまう大宮(味方良介)、余計な揉め事をもたらす愛(彩吹真央)、イマイチ役立たずの城山(大水洋介)によって、物語はどんどんあらぬ方向へ。

90分間ノンストップのドタバタコメディでバックステージもの。イメージ的には2分に1回は笑ったんじゃないかというくらい、これでもか!という笑いの波が押し寄せる。「中身はありません」と山崎座長は言っていたが、劇中劇と現実とのシンクロや、劇中劇の謎の演劇臭さ、伏線の回収、キャストの味わい深い個性など、よーく計算されて作られているなぁと感心した。バッタバッタと物が壊れたりするアナログ感は昔懐かしいザ・ドリフターズのコント風味。最近は“オモシロ”ができる役者が減っているという話を聞くが、いやいや、このポンコツ劇団は頼もしい!物語的にもハートウォーミングな味わいで、ラストには気持ちがほっこりした。

キャスト全員が汗びっしょりの大奮闘。あっという間の90分だから、ちょっとした気分転換に是非オススメ!

東京公演は4月30日(日)まで。その後、大阪、愛知、福岡を巡演。

取材・文:三浦真紀

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます