冷えは女性をきれいから遠ざける要素のひとつ。冷えをケアしないでいると、代謝が落ちて痩せにくくなったり、むくみやすくなったりするほか、疲れや肩こり、免疫力の低下、胃腸の不調など、嫌な症状を引き起こすことに……。

美容面だけではなく、健康面でもいいことなし。だからこそ、冷えを取り除き、温かい体を保ちたいもの。そこで今回、きれいな女性たちに「冷やさないためにやっていること」を聞いてみました。

冷えない人、温かい人が美しい理由を、彼女たちの「温か習慣」から紐解いてみましょう。

1.腹巻きを欠かさない

「年間を通して腹巻きをしています。そう話すと『夏でも?』と驚かれますが、季節に関係なくお腹を温めるのが習慣化しています。

とくに夏、室内は冷房が効いていて寒いため、普通にしているだけで、お腹が冷えてしまうんです。薄手の腹巻きを選べば、洋服にもひびきにくく、気にせず身に着けられるはずですよ」(30歳/美容師)

腹巻きに加え、腰周りを覆う温かショーツを重ね履きしたり、お腹や腰にカイロを貼ったりするのもおすすめです。

筆者の経験談ですが、激しい腰痛で動けなくなった際、「薄着をしてお腹を冷やしていたことも、腰痛の原因のひとつ」だと医療関係者から言われました。その後、前出のような対策を重ね始め、腰痛は改善されていきました。「お腹周りを衣類で温める」のを習慣にするのはおすすめです。

2.温かい飲み物を選ぶ

「カフェや喫茶店では基本的に温かい飲み物を頼むようにしています。冷たいものはよほどのことがない限り飲みませんね。とくに氷入りのものはもう何年も飲んでいないかも。水も常温のものを飲みます。

冷たい飲み物を飲むと、お腹から体全体が冷えていく感覚があるため、意識的に避けています」(29歳/IT)

最近では氷の有無について、希望を聞いてくれるお店もあり、そんなときは迷わず氷抜きでオーダーを。もちろん自分から「氷はナシで」と伝えるのもありです。冷たい飲み物もできるだけ常温でいただくようにして。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます