今年のGWは、9連休をとれる場合もあるようで、東京駅から新幹線や特急に乗って旅行や帰省を行う方も多いと思います。そこで今回は、この時期しか食べられない春のお弁当を中心に、東京駅で購入できるオススメのお弁当15品を紹介します!

「今半すき焼き重 」
1,445円/浅草今半(グランスタ)

弁当のメインディッシュは肉が一番という方に、ボリューム満点のお弁当が揃う東京駅。まずオススメしたいのは、GWまでしか販売がない2品。

浅草の名店のお弁当は、選び抜かれた国産牛を、秘伝の割り下で煮上げたすき焼をごはんの上にのせた絶品お重です。【発売期間:4/24~5/7】

今半すき焼き重

 

「春うらら弁当」
1,445円/とんかつ まい泉(グランスタ)

とんかつの名店・まい泉からは、やわらかいヒレかつだけでなく、焼鮭、煮物など多彩なおかずがぎっしりと詰まった限定品。コンパクトサイズですが2段重ねという重厚感もうれしいです。【発売期間:4/24~5/7】

「春うらら弁当」

 

「牛たんづくし弁当」
2,592円/仙臺たんや 利久(グランスタ)

続いては肉系弁当を4種ご紹介。こちらは牛たんの本場・仙台の専門店の味を堪能できる一品で、極焼き、牛たん角煮、薄切塩味の3種の牛たんが5月いっぱいまで味わえます。【発売期間:4/24~5/31】

「牛たんづくし弁当」

「佐助豚の豚めし」
990円/大地を守るデリ(エキュート東京)

厳選素材の味をいかし味が魅力の大地を守るデリからは、岩手県産のブランド豚「佐助豚」を使用したお重を。甘辛タレで仕上げており、付け合せの人参も甘みが強くて好評です。【発売期間:常時あり】

「佐助豚の豚めし」