Instagram、やってますか? 筆者も挑戦していますが、自分の日常の味気なさを露呈するだけという、残念な状態になっています……。

写真だけというのが、簡単ではあるものの、非常に難しいと感じました。

最近では、ブログやTwitterよりも活用されている感のあるInstagramですが、写真投稿がメインであるがゆえに、かなりセンスが問われます。何でもいいから、とりあえず投稿しておこうと適当にすると、ファーストビューが「オバサンっぽい」感じになってしまうのです。

Instagramで実年齢を越える雰囲気が漂うとき、いったいどんな写真が並んでいるんでしょうか?

自然物と季節の移り変わり

春一番が吹いて梅が咲いたとか、梅雨に入って紫陽花が色づいたなど……植物と季節の移り変わりを投稿するのは、ちょっとオバサンっぽいです。

情緒ある投稿なので、決してダメではないんですが、季節の変化を表現するなら、デパートのショーウィンドウに並ぶディスプレイとか、期間限定スイーツ、イルミネーションといったもののほうが、オシャレ女子っぽいでしょう。

また、植物を投稿するにしても、街路樹や公園に生えている草木より、花屋の店先に並ぶ色とりどりの花の様子や、ブーケの状態になったもののほうが、若々しいイメージをかもし出します。

自然物で季節を表現するというのは、『万葉集』が作られた時代から続く「超基本的」な手法です。しかし、現代のInstagramにおいては、効果的な内容だとはいえないでしょう。

飾らない雰囲気の手作り料理

Instagramにおける食べ物の投稿は非常に多く、誰もが1度はやってみるネタではないでしょうか? しかし、食事だったら何でもいいのかというと、そうではなく。

ごはん投稿をするなら、断然「カフェめし」!

自炊した料理を投稿するのも構いませんが、所帯じみたメニューと使い古した食器、生活感漂う自室が映り込むといった写真は、どうしても主婦っぽく見えてしまいます。

手作り料理を投稿するなら、見栄えの良いメニューとセンスの良い食器・ランチョンマット、そしてレストラン並みの盛り付けを目指すべきです。

「そんな手間ひまかけてらんないわ!」であれば、とりあえずスタバに行きましょう。キャラメルフラペチーノとか、派手な見た目の限定メニューなどを注文してパシャリ! それだけでオバサン扱いはされなくなります。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます