即興で女子生徒と芝居をした福士蒼汰

 映画『無限の住人』の公開直前サプライズイベントが25日、埼玉県立富士見高等学校で行われ、出演者の木村拓哉、杉咲花、福士蒼汰、満島真之介、三池崇史監督が登場した。

 本作は、沙村広明氏の人気コミックを実写映画化。両親を殺された少女・凜(杉咲)からあだ討ちの用心棒を頼まれた不死身の侍・万次(木村)が、最強の剣士たちと壮絶バトル繰り広げるアクションエンターテインメント。

 約700名の全校生徒が集まる体育館に突然木村らが現れると、生徒たちは大きな歓声を上げて大喜び。木村は「字は全く違うんですが、“富士見”ということで、こういう機会をいただきました」と説明。登壇者全員による新学期特別講演として、生徒の質問に、時に真面目に、時にユーモアを交えて答えた。幸運にも木村とトークができた生徒は緊張しきりで、周囲の生徒からはうらやむ声が飛び交った。

 また、福士は女優を目指しているという女子生徒と即興で芝居をすることに。「場所が高校なんで、僕がなんて言おうかな…」と悩む福士に、木村は「分かりました。俺と真之介で壁を作ります!」と“壁ドン”を提案。福士はそれを快諾し「俺のことどう思ってる?」と壁ドンでささやき、女子高生を骨抜きに。本作ではすさまじいアクションを披露する福士だが、胸キュン王子の本領発揮に会場には黄色い悲鳴が響いた。

 イベント終了後、生徒たちが詰めかけ、キャストがもみくちゃになる場面もあったが、木村は時間を掛けて握手やハイタッチを交わしながら、会場を後にした。

 映画は4月29日から全国ロードショー。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます