「恋愛に奔放」という言葉は、半分誉め言葉のようですが、男をとっかえひっかえしているイメージで、いい意味ではありませんよね。

だから、奔放な女性はどうしても遊び相手に選ばれがち。自分ではそんなつもりはさらさらなくても、男性はあなたから受けるイメージで、勝手に「奔放な女だ」と決めつけているかも。見ていないようで見ています。

しかも、女目線とは違う男目線で見ています。ご用心。

スマホをすぐ機種変更する女

新しい物好きだから、新機種が出るとすぐに機種変更。

「過去が消えるので、生活を一新したいのかなと思う」
「古いものを捨てそう。古い恋人を大事にしないように思える」
……あまりに頻繁だとこう思ってしまうそうです。

確かに、新しいものに目移りはしてもなかなか行動には移せないですが、機種変更してばかりいるとそんな風に思うんですね。

男友達を「友達」と言う女

「男」友達、とはっきり言わないことでけむに巻いてしまう。

「友達と行ったの」「昨日友達と一緒に」など、女友達と思わせて男の人。でも「友達だから友達と言った」と言い訳するために、わざと言ったりします。本当に女の友達なら、名前を言うものです。

ファッションがころころ変わる女

見るたびに違うファッション。見たことのない服ばかり着ている。つまりファッショナブル。よく美容院に行ったりエステに行ったりしているようだ。女性からすれば何とも思わない行動ですが、オシャレに余念がないと、男の影を感じるようです。

オシャレは自己満足の一つだからそれとこれとは無関係。でもどうやら男性はそうではなく「見せたい男がいるんだなあ」と思うそう。または「男によってファッションが変わる女」と感じるようです。単純というか、なんというか。

いろんな下ネタを知っている女

「普通の女子はあまり下ネタは知らないはず。それをいろいろと知ってるなんて、ずいぶん物知りというか経験豊富というか」と考えています。耳年増ではなく経験豊富に結び付けるのです。

確かに「よくわからない~」とぶりっ子すると男ウケはいいですよね。

恋人の存在を隠す女

次の恋のためなのか、モテるためなのか、みんなのアイドルでいたいのか、恋人の有無がわからない女性がいます。わからないというか「恋人はいそうだけどいると公言していない」という感じです。

何もかもわかっていて奔放にふるまうのは、自己の演出であり自己責任ですが、思いがけずそう見られているのは困ります。

イメージというものは怖いですね。一度ついたイメージの払しょくは大変ですから、機種変更などは別として、できる限りこういったふるまいをしないほうが賢いかもしれませんね。

たえなかすず:歌人。短歌を詠むことが好き。ブラブラとOL時代を送ったあと結婚し、二人の娘の母になった恋愛コラムニスト。他恋愛サイトでも連載中。昭和マニアなのでいつも昔に思いをはせています。恋愛の話と面白いネタに食いつきます。趣味は映画観賞とマラソン。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます