自分でも知らない間にしてしまう、男性をイラッとさせる行為。女性だけの場ならとくに気にならないことも、男性にとっては「不快感しかない!」と感じてしまう場合もありえます!

さて、今回は“会話中男性がイラッとする女性のあれこれ”をピックアップしていきます。あなたもこんな言動していませんか?

会話の途中なのに、突然さえぎって話し出す

おしゃべり好きの女性にありがちなのが、相手の話の途中に話し出すこと。

会話が盛り上がってくると、ついつい割って入りたくなる方も少なくないのではないでしょうか。または、オチを予想して「〇〇だったとか?」と会話をさえぎってしまったり。

さらに、悪気はなくとも相手の会話の途中にもかかわらず、その話に関連した別の話をしたくなってしまうなど。

実はこの行為は、女性同士では不快に感じないかもしれませんが、男性にとってはかなりイラッとする行為なのです! 思わず「黙って人の話を聞け!」といってやりたくなるのだとか。

知り合いにもいる! と知っているアピールをする

自分ではない周りの人を話題に「それ、知り合いから聞いたことある!」という女性にも男性はイラッとします。

「この前〇〇に行ったんだけど、すごく楽しかった」と話せば「あ、そこ知ってる! 知り合いも楽しいって言ってた!」と言ってきたり。

「〇〇ってすごく高いんだよね」と話せば「知り合いはそれ持っているけど、あまりよくないらしいよ」というなど。

自分は体験したことがないのに、あたかも自分は「知っていますよ」アピールをする女性、男性は本当にイラッとします。

素直に知らないと言えばいいのにと唖然としたり、見栄っ張りだと感じてしまう様子。「相手に負けたくない!」「知っている自分はすごい」と、他人の体験を自分のステータスにする女性はイライラを通り越して不快感をあたえてしまうのです。

「男って、女って」と一括りにする

お前は「評論家か!」と思わずイラッとしてしまうのが、男女を一括りにして自分の感性で語る女性。自分の経験上の出来事や知識をあたかも、全ての男女に当てはめたような言い方は男性にいかがなものかと思わせてしまいます。

「男ってさ、本当〇〇だよね」「まあ、女はだいたい〇〇だから」と知ったようなドヤ顔で語り始めたらもうアウト! 男性をイラッとさせる評論家気取りの態度は女子会だけにとどめておいた方がよさそうです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます