海外ドラマ・プレゼンターに就任した川上大輔

 「2017年 海外ドラマの日」共同記者発表イベントが27日、東京都内で行われ、ゲストとして、歌謡界の新星として注目を集める歌手の川上大輔が出席した。

 「海外ドラマが大好き」という川上は、“とあるツイート”が関係者の目に止まったことがきっかけで、今回の海外ドラマ・プレゼンターに就任。記念の盾を手に「海外ドラマの魅力をまだまだ知らない人たちにも伝えていきたい」と意気込みを語ると「こんな大役をいただけるなんて思いもしなかったので、とりあえず親に自慢します」とちゃめっ気たっぷりにほほ笑んだ。

 川上自身は、高校時代に何となく見た「24-TWENTY FOUR-」が海外ドラマとの出合いだったといい「試しに(レンタルで)借りたのがきっかけ。もうハマちゃって…。海外ドラマは“中毒性”があるので、寝不足になっちゃいますね」と苦笑い。最近のお気に入りとしては「ウォーキング・デッド」を挙げ「単なるゾンビドラマでなくヒューマニックな人間模様も描かれている」とその魅力を力説した。

 川上は、2013年にデビューシングル「ベサメムーチョ」を発売。その官能的なプラチナボイスと端正な容姿で大きな注目を集め、その後も「アモーレ・アモーレ」や「恋のメラギラ」をリリース。15年には「第28回 日本ゴールドディスク大賞 ベスト・演歌/歌謡曲・ニュー・アーティスト」を受賞した。今年4月には、魂を揺さぶる唯一無二の歌声“魂響(たまゆら)の貴公子”として、初のバラード作品となる「人魚のように」(7thシングル)を発売したばかり。

 この日は、観客の前で「24」の主人公ジャック・バウアーのアテレコにも初挑戦。持ち前の“高めの声”で演じきった川上は、司会から「かわいい!」と指摘され「かわいい?では、かわい過ぎるジャック・バウアーということで…」と照れ笑い。アテレコについては「難しいけどすごく楽しい。もともと興味もあったし、子どもの役とかもこのままの声でいけるんじゃないかな。ぜひやってみたいですね」と意欲的に語った。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます